JAL国際線特典航空券の国内線乗り継ぎの魅力

スポンサーリンク
広告ペース728×90




JALマイルを貯めた後の使い道として、最も夢があると感じるのはやはり国際線特典航空券。

ファーストクラスやビジネスクラスなどの有償の場合、数十万円から数百万円もの出費が必要な上級クラスでの利用はもちろん、お得度が低いとされるエコノミークラスでさえ、日帰り海外や弾丸旅行と呼ばれるような旅程で使うのであれば、1マイルの価値は大きく跳ね上がります。

有償の航空券と比較した時の1マイルの価値が判断基準のすべてとは言えないものの、有償では利用が難しいクラスや旅程がマイルを使った特典航空券では利用できるなら、そこにマイルを貯めて使うだけの理由が間違いなく存在するはずです。

JAL国際線特典航空券なら無料追加可能な国内線乗り継ぎ

そんなマイルを利用した特典航空券のうち、最も基本的なJAL国際線特典航空券には便利でお得な特典として、国内線乗り継ぎの無料追加があります。

これは主に、最寄りの空港と国際線が発着する主要空港間を国内線で乗り継ぐためのサービスとして提供され、JAL国際線特典航空券利用者なら、もれなく無料で利用可能。

具体的には、日本国内からバンコクを目的とする場合、

  • 東京-バンコク-東京

のような単純往復でも

  • 札幌-東京-バンコク-東京-札幌

のような国内線乗り継ぎを追加した場合でも、それが往路と復路各1回までなら、両方とも全く同じマイル数で予約できるというものです。

ちなみに、有償の航空券では、主要空港までの国内線を追加する場合、もれなく往復で10,000円の追加負担が必要ですから、国内線乗り継ぎに関してはJAL国際線特典航空券がかなり優遇されていることが分かります。

実際、国内線の往復を別途JAL国内線特典航空券で予約するためには、出発地と目的地の組み合わせによって12,000マイルから20,000マイルも必要です。

しかし、キャンペーン時のエコノミークラスなら11,000マイルという最も少ないマイル数から利用可能な韓国行きのJAL国際線特典航空券でさえ、この無料の国内線乗り継ぎは利用可能というのは、今回の記事では触れないものの、この部分に色々とお得に利用するヒントやテクニックが隠れている予感もしますね。

首都圏在住の乗り継ぎ活用にはJMB提携航空会社特典航空券

JAL国際線特典航空券で利用可能なJAL運航便のほとんどが発着する羽田空港や成田空港が最寄りの国際空港になる首都圏在住の方の場合、この国内線乗り継ぎを利用しても利用しなくても同じ必要マイル数が必要になるということは、乗り継ぎを活用できる方に比べ、常に損をしていると感じるかもしれません。

しかし、首都圏在住の方には、海外での乗継便が無料または少ないマイル数で追加できるJMB提携航空会社特典航空券を羽田空港や成田空港などの最寄りの主要空港からそのまま利用できるというメリットがあります。

逆に、主要空港まで国内線乗り継ぎの利用が必要な方の場合、JMB提携航空会社特典航空券の利用では、最寄り空港から主要空港までのJAL国内線が完全に使えないため、別に主要空港までの交通手段を用意する必要があるなど、JAL国際線特典航空券ほどの利便性はありません。

つまり、特典航空券で乗り継ぎをうまく活用したいのであれば、首都圏在住の方は海外での乗り継ぎに便利なJMB提携航空会社特典航空券、主要空港までの乗り継ぎが必要な方は国内での乗り継ぎに便利なJAL国際線特典航空券というように、一見分かりにくい住み分けができているだけという考え方もできそうですね。


首都圏在住でもJAL国内線特典航空券の国内線乗り継ぎを活用する方法

では、首都圏在住でJAL国際線特典航空券を利用するメリットがないのかというと、そんなことはありません。

なぜならJAL国際線特典航空券を利用するからといって、最寄りの羽田空港や成田空港を発着する旅程を利用する必要はないからです。

確かに、JALホームページ上で、「東京」を出発地として特典航空券の空席状況を確認した場合、直行便のみが表示されます。

上の画像は、「東京」発「バンコク」行きのJAL国際線特典航空券の空席状況ですが、表示されているのは羽田空港と成田空港の首都圏の空港のみ。

ここで注目したいのは「直行」と表示されている右上の経路設定の部分です。

実はこの部分は同じ目的地に対して東京の他にも発着している空港がある場合、クリックするとその空港のある都市名が表示され、設定変更が可能。

上の画像は、最も多くの選択肢が表示される「指定なし」を選択した後の様子ですが、「中部」発や「関西」発が追加され、これまでの合計3つから合計5つの選択肢に増えています。

こうして経路設定を変更すると、特典航空券として利用できる選択肢が増え、結果的に空席を確保できる可能性もアップしますから、首都圏在住の方でもJAL国際線特典航空券の国内線乗り継ぎを手軽に活用する方法としてはおすすめです。


JAL国際線特典航空券での無料国内旅行

JAL国際線特典航空券の国内線乗り継ぎは国際線搭乗の前後24時間以内の利用という制限があるものの、これをうまく利用すると、追加負担無しで1泊程度の国内旅行を楽しむことも可能です。

具体的には、東京-バンコク間のJAL国際線特典航空券に往復の国内線乗り継ぎを追加して、

  • 東京-名古屋-バンコク-大阪-東京

という少し欲張りな国内外の3都市を1回で楽しむような旅行もマイル追加負担なしで予約できます。

ちなみに、こうした活用の選択肢になる、羽田空港や成田空港以外にJAL運航便が発着している国際空港は関西空港と中部空港の2つのみで、その就航先はそれぞれ

関西空港

  • ロサンゼルス
  • ホノルル
  • バンコク
  • 台北
  • 上海

中部空港

  • ホノルル
  • バンコク
  • 台北
  • 天津
  • 上海

という内訳です。

これらの都市を目的地とする場合には、首都圏在住でもJAL国際線特典航空券の国内線乗り継ぎを利用して、大阪旅行や名古屋旅行を楽しむチャンスがあるということに。

一方で、大阪や名古屋の周辺在住の方も、それぞれ同じように国際線が発着している東京、大阪、名古屋などいずれかの都市での国内旅行を組み込むことは可能ですから、予約可能な選択肢の増加目的と合わせて、チェックしてみるのもおすすめです。

ちなみに、我が家の場合は、JAL国際線特典航空券を利用する度に、復路に関西空港経由を追加し、お気に入りの場所だけ訪れる短期集中の京都旅行をちょくちょく楽しむようにしています。


国内線乗り継ぎが表示されない時の対策

このように活用の幅が意外に広いJAL国際線特典航空券の国内線乗り継ぎですが、選択した目的地や日程によってはJALホームページのシステムのご機嫌エラーが原因で、正常に経路の設定が変更できない場合があります。

その場合は、JAL国際線予約の電話窓口に電話して、JALホームページ上では正常に予約できないという事情を話すと、特例的に電話発券手数料の負担無しで予約手続きを行ってくれるため、実用上は大きな問題になりません。

そのため、どうしても国内線乗り継ぎが表示されない時にはあれこれ悩まずに、とりあえず電話で問い合わせてみるのがおすすめです。

まとめ

最寄りの空港と国際線が発着する主要空港間を国内線で乗り継ぐために提供されているJAL国際線特典航空券の国内線乗り継ぎは、無料で利用できるお得なサービス。

しかし、使い方によっては本来主要空港への乗り継ぎが不要な方でも、無料でちょっとした国内旅行が楽しめるなど、有意義な利用が可能なため、マイルを利用した特典航空券の楽しさを実感できるサービスという一面も持ち合わせています。

そういった部分も頭に入れて、

  • JAL国際線特典航空券
  • JMB提携航空会社特典航空券
  • ワンワールド特典航空券

という3つのJALマイルを利用した国際線特典航空券を比較しながら使いこなしてみるのも、面白いと思いますよ。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする