羽田空港JALファーストクラスラウンジがサクララウンジに負けてしまうサービス(シャワールームのスペース、トイレの設置状況、アメニティーの違い、無料のスキンケア用品&試供品提供、サクララウンジスカイビューの魅力)

スポンサーリンク
広告ペース728×90




JALが運営するラウンジの中で最も上位に位置するファーストクラスラウンジ。

国際線ファーストクラスの利用者やJMBダイヤモンドとJGCプレミアなどのワンワールドエメラルド相当の上級会員資格を保有している利用者のみがアクセス付与されるラウンジだけあって、ビジネスクラスラウンジ相当のサクララウンジとは一味も二味も違いが感じられるサービスが提供されています。

搭乗する飛行機の出発までくつろぎながら時間を過ごすための空港ラウンジ。 JALが国際線の重要拠点の1つとしている羽田空港にもフ...

ファーストクラスラウンジがサクララウンジに負けてしまうサービス

では、最上位のラウンジに位置づけられるファーストクラスラウンジで提供されるサービスがすべてサクララウンジで提供されるサービスを上回っているのかというと、実はそうではありません。

なぜなら数あるサービスの中には、サクララウンジの方がファーストクラスを上回っているものもあるから。

その1つがシャワーサービス。

というのも、ファーストクラスラウンジとサクララウンジのそれぞれで提供されているシャワーサービスを比べると、サクララウンジのサービスの方が優れていると感じる部分が多く存在しています。

そのため、我が家ではよほど混み合っている時を除いて、ファーストクラスラウンジのシャワーではなく、できるだけサクララウンジのシャワーを利用したいと思っているほど。


ファーストクラスラウンジにはないサクララウンジのシャワーサービスの魅力

サクララウンジのシャワーの特長といえば、ファーストクラスラウンジに比べてスペースが少しだけ余分に確保されていること。

そのため、シャワールーム内にトイレを設置できる余裕すらあります。

これは、ファーストクラスラウンジのすぐ隣りにあるサクララウンジも、少し離れた場所にあるサクララウンジスカイビューも、余裕のあるスペースとシャワールーム内のトイレという設備に変わりません。

一方のファーストクラスラウンジにはそうしたスペース面での余裕はなく、スーツケースから着替えを取り出すのもぎりぎりといった様相。

そのため、サクララウンジではシャワールーム内にそれぞれ設置されていたトイレも、シャワールームの並ぶ通路の一番奥に2つの個室を別途用意されています。

ここまで違うとなると、ファーストクラスラウンジの立地や整備した時の設計上の制限が影響しているのかもしれませんね。

また、サクララウンジのシャワールームのように、スペースに余裕があるということは、シャワーを利用した後も、浴室部分との出入りや身体からの水蒸気などによっても、シャワールームの内の湿度や温度が高くなりにくく、快適な状態のままスムーズに換気が行なわれるということ。

そうしたシャワーを利用した後の身支度の部分でもファーストクラスラウンジのシャワールームよりもサクララウンジのシャワールームの方がより心地よくできる設備が十分備わっていると感じています。



アメニティーや試供品の提供、追加タオルサービスに違いはなし

ファーストクラスラウンジのシャワーサービスではなく、サクララウンジのシャワーサービスを利用すると気になるのは、シャワールーム内に用意されたアメニティーや他のサービスの違いがあるのかということかもしれません。

しかし、ファーストクラスラウンジでもサクララウンジでも、

  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 足ふき用タオル
  • 歯ブラシ
  • 紙コップ
  • ティッシュ

などのシャワールーム内に用意されているアメニティーはもちろん、シャワーの受付カウンターでも別途リクエスト後に提供してもらう種類のアメニティーも違いはなし。

また、希望者に無料でプレゼントされる女性向けの試供品タイプのスキンケア用品もファーストクラスラウンジとサクララウンジの両方で提供中。

さらに、外国人の方を中心にリクエストしている様子が多く見られる、さらにもう1セットタオルを貸し出してもらう追加のタオルリクエストも、試供品の提供と同様にどちらのラウンジのシャワーサービスの受付でも快く対応してくれるのも好印象。

そのため、ゆったりとしたスペースが魅力のサクララウンジのシャワーサービスを利用したからといって、ファーストクラスラウンジからの移動に必要な距離以外の部分でファーストクラスラウンジのシャワーサービスに後ろ髪を引かれるようなこともないはずです。

まとめ

ファーストクラスラウンジだからといってすべての点でサクララウンジを上回っているわけではないアンバランスな部分に不思議な印象を感じる羽田空港のシャワーサービス。

ちなみに、ファーストクラスラウンジを上回る快適性のサクララウンジのシャワールームの中でも、サクララウンジスカイビューのシャワールームが最もゆったりしています。

もちろん、利用できる時間帯やタイミング、出発時の搭乗ゲートの位置によって活用できないケースもあるのも事実。

しかし、サクララウンジスカイビューはラウンジ自体もゆったりと空いていて、さらにファーストクラスラウンジへのアクセスが可能な利用者向けの専用スペースが用意されていたりと、シャワーサービス以外も快適に過ごせる嬉しい工夫が用意されているなど、意外にお気に入りのラウンジの1つになっています。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする