完全終了記念 クロネコポイント抽選商品オリジナルグッズ(参加賞)の歩み

スポンサーリンク
広告ペース728×90




無料で利用できるにも関わらず、様々なオリジナルグッズがもれなくもらえたり、抽選に参加できるクロネコポイントはとてもお得なポイントサービスです。

もちろん、サービスを運営するヤマト運輸側でも、利用者側の会員登録を促すことで利益を圧迫する要因の1つ、再配達を減らす目的があってか、積極的にプロモーションが行なわれてきたキャンペーンといえます。

2017年3月の大改悪

さて、そんなクロネコポイントでは2017年3月に過去最大級の影響の大きなルール変更が行われました。

それが、抽選で当たる商品に応募後、外れてしまった時にもれなくもらえていたオリジナルグッズのプレゼントが、2017年3月31日応募分で終了してしまうというもの。

我が家では毎月1口500ポイントの旅行券抽選に参加し、抽選に外れたとしても参加賞としてもらえるオリジナルグッズを意外なまでに豪華で、とても楽しみにしていただけにかなりの大打撃でした。

最後のオリジナルグッズ到着時期

残念なオリジナルグッズのプレゼント終了決定ですが、オリジナグッズがもらえる最後のチャンスに試してみたのが、

  • バッファロー モバイルバッテリー抽選 50ポイント×1口
  • キッザニア東京チケット 50ポイント×1口
  • キッザニア甲子園チケット 50ポイント×1口
  • ルンバ622 250ポイント×1口
  • JTB旅行券10万円分 500ポイント×2口

という内容での応募でした。

この最後の応募で、それぞれの抽選商品にどんなオリジナルグッズが届けられるのか調べてみたいと思ったからです。

応募は最終日の2017年3月31日の夜に行ったのですが、結果が届いたのはかなり遅い時期になりました。

具体的には、いずれのオリジナルグッズも神奈川法人営業支店からクロネコDM便で発送されたのは共通ですが、発送日時が

  • バッファロー モバイルバッテリー:6月15日発送
  • キッザニア東京チケット:7月20日発送
  • キッザニア甲子園チケット:7月20日発送
  • ルンバ622:7月11日発送
  • JTB旅行券10万円分:7月28日発送

というように、最も早いものと最も遅いものとでは最大で1ヶ月以上も離れていました。

これは、3月末でオリジナルグッズのプレゼントが終了するということで、応募が集中した結果らしく、最も早かったモバイルバッテリーの6月15日到着でさえ、通常時の締切から1ヶ月程度の発送からも大きく遅れた結果です。

最後のオリジナルグッズの内容

さて、オリジナルグッズ到着で気になるのは、必要ポイント数の異なる抽選商品ごとに、内容に違いはあるのかということ。

結果は、届けられたすべてのオリジナルグッズはウェットティッシュ1個のみ。

つまり、50ポイントで応募可能なモバイルバッテリーやキッザニアチケットと、500ポイントも必要な旅行券でも、抽選に外れた時の参加賞は全く同じという結果でした。

これはこれまでの応募した抽選商品ごとにオリジナルグッズを細やかに切り替えられていた経緯から考えるととても残念。

ただし、抽選に外れた時のオリジナルグッズプレゼント終了が発表される前の2月応募分から、応募時期によってもらえるオリジナルグッズの内容が簡略化されるなどの変化はありましたから、元々予定されていたことなのかもしれません。

これまでのクロネコポイントオリジナルグッズの歩み

2015年2月以前

もれなくもらうためには300ポイント(後に400ポイント)も必要なクロネコヤマトミニカー・10tトラックのプレゼントが基本。

応募に500ポイントを利用しても実質300ポイント相当のオリジナルグッズがもらえる最もお得な時期。

稀に、クロネコヤマトミニカーでも10tトラックではなく、ウォークスルーN号車と呼ばれる、もれなくもらえる商品としてはラインナップされていないミニカーが届く幸運もありました。

2015年3月から12月

ミニカーのプレゼントが終了し、ピンバッジやウェットティッシュのプレゼントが始まった時期。

3月は全5種類のピンバッジ、4月から6月はウェットティッシュ3個セット、7月から11月はピンバッジとウェットティッシュのセットという内容で、ミニカーに比べると品質の低下はくっきり。

12月は年末らしく(?)ウェットティッシュに加えオリジナルカレンダーもプレゼント。

2016年1月から2017年1月

消せるボールペン、フリクションのクロネコポイントオリジナルバージョンが1本、プレゼントされた時期で、これまでで最も実用性が高い参加賞として我が家でもとても重宝。

プレゼントが続けられた13ヶ月の間に一生でもまず使い切れないだろうなと感じる30本近いストックを築くことに。

2017年2月

応募時期によって全く別のオリジナルグッズがプレゼントされる特殊な時期。

早めに応募した場合はフリクションがもらえる一方で、締め切り直前の応募ではウェットティッシュにダウングレードされ、とてもがっかり。

2017年3月(最終回)

ウェットティッシュ1個のみの寂しい最終回。

オリジナルグッズプレゼント終了後の戦略

抽選商品応募でのはずれが確定し、毎回残念な気持ちで見ることばかりだったオリジナルグッズのお届けを案内する緑色の紙も、二度と届けられることがないとなると、少しだけ寂しさのようなものを感じます。

実際、我が家で1口500ポイントの旅行券抽選に毎月2口ずつの参加を開始したのは2013年3月。

そこからちょうど4年目の区切りでしたから、意外に長い期間チャレンジし続けてきたことに自分自身でも少し驚きます。

それ以上に、最終的には100口以上応募しても1度も当選しない旅行券抽選の当選確率の低さにも驚くしかありませんね。

そんなわけで、毎月数口ずつの応募では埒が明かない当選確率とこの4年間で身をもって理解できたので、今現在は、クロネコポイントは温存中。

そのポイントがある程度貯まった時に、一度にそのすべてを旅行券抽選に注ぎ込んで結果を見届けるために計画を継続しています。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする