JALエコノミークラス特別機内食フルーツミールの魅力(最大のライバルはラウンジの料理、あえてフルーツミールを選ぶメリット、フルーツミールの事前予約申込方法、せっかくのインボラアップグレードを無駄にしないフルーツミール活用方法)

かつて鉄道での長い時間を要する旅での楽しみの1つが、食堂車や駅弁などの車中で楽しむ少し特別な食事だったように、長時間の移動を余儀なくされる飛行機での旅でも、機内で味わう機内食が大切な楽しみになっている方も多いはずです。

特に、飛行機に搭載するため、調理を終えてから時間が経過した後に提供されることを前提に厳しい衛生管理が求められる機内食ですが、調理技術や冷蔵保存技術の向上によって、航空会社が提携している機内食工場によって用意された機内食は基本的にそのレベルが年々進歩しているのも嬉しいポイントですね。

JAL国際線ファーストクラスの機内サービスを120%楽しむためのリクエスト(ワインリストに掲載されていないアルコール、食事でのアレンジ、アメニティ&パジャマ、アラカルトの楽しみ、ファーストクラス優先降機、誕生日&記念日の特典、森伊蔵の機内販売優遇)
JAL機内食提供路線で特に忙しい羽田-伊丹間の国内線ファーストクラスはどれほど慌ただしいのか(JAL115便&JAL138ファーストクラス搭乗記、出発~サービス提供~到着までのタイムテーブル、機内食サービスの内容、機内食の品質とおすすめ)

機内食最大のライバルはラウンジで提供される食事

そんな機内食にとって最大のライバルと言えるのが出発前の空港で利用可能なラウンジで提供される食事の存在です。

というのも、一度調理を終え、冷蔵状態で保存していた料理を機内で再加熱した上で提供しなくてはいけない機内食に対し、ラウンジで提供される料理はラウンジ内に用意されたキッチン内で調理されたできたての状態のものが基本的にそのまま提供されるため、美味しさの面ではラウンジで楽しむ食事の方が有利になるから。

特に、ラウンジによっては、あらかじめ準備した料理をビュッフェ形式で楽しむだけではなく、利用者からの注文を受けてから調理を開始し、その後、完成したできたての料理を即座にサービスも提供されていることもあり、その場合は、機内食とラウンジ内の食事の間に感じる差はより一層広がってしまうと感じる方も多いはずです。

実際、JAL国際線でのそれぞれの搭乗クラスで提供される機内食とJAL運営ラウンジ内で提供される料理を感覚的に期待値の高い順番で並べると、

ファーストクラスの機内食 > ビジネスクラスの機内食 ≧ ファーストクラスラウンジの料理 > サクララウンジの料理 > プレミアムエコノミー&エコノミークラスの機内食

といった印象を我が家では感じているほど。

つまり、機内食に高品質を期待できるファーストクラスやビジネスクラスに搭乗するという場合ならともかく、エコノミークラス搭乗時にファーストクラスラウンジやサクララウンジを利用できるのであれば、機内で提供される機内食を重視しないことを前提に、あらかじめラウンジでしっかりと食事を楽しむという選択肢も十分に検討する価値があるということです。

羽田空港JALファーストクラスラウンジの鉄板ダイニング限定メニューとRed Suiteで提供の特別なローランペリエ3種の魅力
JAL国際線エコノミークラス 機内食の秘密と楽しみ方(機内食の種類を決める要素、JAL AIRシリーズだけのユニークな魅力、駅弁ならぬJAL限定の空弁、悲しい加熱調理での当たり外れ、機内食の有料アップグレードへの期待)

JALエコノミークラスの特別機内食、フルーツミール

そうした考えを元に、機内に用意されているエコノミークラス向けの機内食よりもラウンジにあるできたての料理をしっかり楽しむ場合、覚えておきたいのがフルーツミールと呼ばれる特別な機内食の存在です。

このフルーツミールは、エコノミークラスを含め、JAL国際線の搭乗者なら出発の24時間前までの事前予約こそ必要なものの、誰でも無料で利用することができるサービスなのですが、名前の通り、機内ではフルーツだけで構成された機内食が届けられます。

ちなみに、出発する空港や搭乗する時期などによって内容は異なるものの、通常の一般的な機内食向けに用意されているものと同様の器に数種類の限られたラインナップのフルーツが盛り付けられるのが基本。

その結果、通常の機内食ではメインディッシュが盛り付けられる器とサイドディッシュが盛り付けられる器の両方に、同じ種類のフルーツが別々に並んでいる・・・なんてこともよく見かける光景の1つと言えるかもしれません。


JALエコノミークラスでフルーツミールを選ぶメリット

こうして提供されるフルーツミールですが、消化にも優しく、手軽に楽しめるため、ラウンジでの食事をしっかり味わった後でもそれほど負担感なく利用できるのは気に入っている大切なメリットです。

また、上の写真のような甘みと美味しさにこだわりを感じるメロンなど、まるでメインディッシュのような形で印象に残る少し高品質なフルーツも1種類は含まれていることもフルーツミールを選ぶ上では嬉しいポイントと言えるかもしれません。

少なくともラウンジでの食事を楽しんだ後に通常のエコノミークラス向けの機内食をつまむよりは高い満足度を得られるという方もいらっしゃるはず。

ちなみに、フルーツミールを含め、JALで提供している特別な機内食を事前予約すると、

  • 提供ミスを防ぐために、通常の順番よりも早く優先的に機内食が席まで届けられる
  • 特別な機内食の内容確認時に同時に提供される飲み物の希望を聞いてもらえる

といった優先的な扱いを受けられる特長もあります。

フルーツミールを選ぶデメリット

このようなメリットを持つ一方、フルーツミールを選択する上で忘れてはいけないデメリットも存在しています。

その1つが、北米やヨーロッパなどを目的地とした機内食が2回提供される長距離線利用時。

というのも、フルーツミールなどの特別機内食を希望してしまうと、1回目の食事だけではなく、2回目の食事も同時に同じ種類の特別機内食が自動的に指定されてしまうから。

特に、日本発の長距離線の2回目の食事には一部の例外路線を除いて、AIRシリーズと呼ばれる、JALが大手企業とのコラボレーションによって提供する本当に特別な機内食が用意されていて、しかもそれは好評な仕上がりのもの。

フルーツミールを選ぶことによって、それを楽しむチャンスを失ってしまうわけですから、長距離線利用時には、そうした制限への注意が必要です。

また、食事の提供が1回のみの比較的近距離から中距離の路線でも、機内食の後のお楽しみデザート、ハーゲンダッツなどのアイスクリームがフルーツミール選択時には、基本的に提供対象外になってしまうデメリットもあるため、機内でアイスクリームを含めたデザートを楽しむのが好きという方にとっても、少しだけ注意も必要かもしれませんね。

JALエコノミークラス限定機内食 「AIRシリーズ」の楽しさ(AIR MOS、AIR吉野家、AIR くまモン)

フルーツミールの事前予約申し込み方法

このようなメリットとデメリットを持つフルーツミールですが、申込方法は、

  • JALホームページ
  • JAL国際線予約デスクへの電話
  • JALメール問い合わせフォームへのメール送信

の3種類が用意され、基本的にJALホームページからの申込みがシンプルで簡単なものですから、おすすめです。

具体的には、ログイン後の「JALホームページ」の「マイレージ」のタブから「会員専用メニュー」内の「予約済み航空券一覧」を選択。

次に表示された画面の中から「国際線」の「予約確認・購入・取消」を選択。

選択後、表示された予約一覧の中から特別な機内食としてフルーツミールを選択したい予約を選択し、「予約詳細」に進む。

「予約詳細」画面では、「機内サービスのお申し込み」を選択。

「機内食、お子さま向けサービスのお申し込み」の画面で、「お食事の希望をご選択ください。」と書かれたボックスを選択し、表示された選択肢の中から「フルーツミール」を選択。

「フルーツミール」が正しく選択されていることを確認し、最後に「確定する」を選択。

これで、無料でのフルーツミールの事前予約は完了です。

ただし、フルーツミールを含めた特別な機内食の事前予約では、締め切り時間が設定され、フルーツミールの場合、

  • JALホームページ:便出発の25時間前まで
  • 電話やメール:便出発の24時間前まで

となっていて、出発当日に思い立ってもそのまますぐの申し込みはできないサービスとして提供されているのは少しだけ要注意かもしれません。

ちなみに、一度フルーツミールを事前予約した場合でも、特別な機内食の事前予約締め切り時間前までなら、何度でも自由な変更が無料で可能になっていますから、とりあえずフルーツミールを選択してみるというのも特に難しいものではありません。

また、フルーツミールを含む特別機内食を選択したからといって、その他の特別なリクエストと異なり、制限が設けられることもないのも嬉しいポイントです。

そのため、フルーツミールを事前予約した場合でも、オンラインチェックインなどのサービスや手続きは通常の機内食を選んだ時と同様、通常通り利用できるようになっています。

インボラアップグレードを無駄にせずフルーツミールを楽しむ方法

こうした形で想像以上に簡単な利用がフルーツミールですが、忘れてはいけないリスクが存在しているのも事実です。

それが、フルーツミールを含む特別機内食を事前予約した場合、基本的にJALの上級会員を対象に提供されるインボラアップグレード(インボランタリーアップグレード)の対象外になってしまうというもの。

このインボラアップグレードというのは、追加の料金負担やマイルの負担もなく、

  • エコノミークラスからビジネスクラス
  • ビジネスクラスからファーストクラス

というように、より上位のキャビンクラスへの無料アップグレードが提供される特別なサービスのこと。

ただし、せっかく通常の機内食を選択していたのなら、幸運な対象者としてインボラアップグレードされていたようなケースでも、特別なリクエストとしてフルーツミールを含めた特別機内食を事前予約していた場合は、他の利用者が優先され、せっかくのチャンスを無駄にしてしまうリスクが高いという事情があります。

そのため、

  • 予約者自身がJALの上級会員ステイタスを保有している
  • 予約している便のエコノミークラスが満席や満席に近い予約状況

というようなインボラアップグレードが期待できる時には、例えフルーツミールを楽しみたいと思っても、ぐっと我慢して通常の機内食から変更を行わないのが大切なことです。

逆に、フルーツミールの事前予約締切が気になり始める48時間前から25時間前などのタイミングで、予約している便のエコノミークラスに残席の具体的な数字すら表示されないような空席がたっぷり残っている場合などは、余程の大変動がない限り、インボラアップグレードの提供はもちろん、発生自体も期待薄ですから、その時点でフルーツミールを選択するというのも、堅実な考え方の1つとしておすすめできると考えています。

JALインボランタリーアップグレードを少し本気で狙うための方法 (最も重要な満席条件、予約クラスより優先される上級会員ステイタス、不人気空港発着便の優位性、悩ましい同行者の人数、非常口席45Aの秘密、チャンスを逃さない空港での手続き&過ごし方)
JAL国際線で提供される5種類のアップグレード(各アップグレードの特長と制限、事前と出発当日の空港での手続きの違い、切り替えアップグレード廃止の影響、インボラアップグレードのチャンスを無駄にしないお得なアップグレード連携)

まとめ

特別な機内食と用意されているものの、希望者は事前予約さえ忘れなければ無料で利用可能なフルーツミール。

このフルーツミールは、搭乗前のラウンジで食事をしっかり楽しみ、機内での食事はあえて軽めのものを選択したいという場合には、なかなか満足度の高い機内食として活躍してくれるはずです。

ただし、事前予約手続きの締切や通常は提供される機内食との違い、さらにはインボラアップグレード提供への影響など、いくつかの注意点も存在していますから、そうした部分に注意しながらの活用がおすすめなサービスだと考えています。

コメント