エコノミークラスでも活用できるJAL国際線特典航空券の底力

Advertisements


特典航空券のお得度判断の目安=1マイルの価値

お得なJALマイルの使い方を考える時の目安として活用できるものの1つに、1マイルの価値があります。

これは、有償の航空券を購入した時の金額と特典航空券の必要マイル数を比べて、1マイルあたりの金銭的価値を計算したもの。

具体的に、我が家で最も魅力的なJALマイルの使い方の1つと考えている、JAL国際線特典航空券ファーストクラスの場合の運賃、必要マイル数、1マイル価値などを比較したのが下の表。

ファーストクラス

普通運賃(円)

必要マイル数

(マイル)

1マイルの

価値

日本からの

距離

ニューヨーク2,048,000140,00014.6円 6,737マイル
シカゴ2,011,000140,00014.3円 6,283マイル
ロンドン2,508,000160,00015.7円 6,214マイル
パリ2,508,000160,00015.7円 6,194マイル
ロサンゼルス1,639,000140,00011.70円 5,458マイル
サンフランシスコ1,639,000140,00011.70円 5,130マイル

こうして数字で比べてみると、割引運賃が存在せず、普通運賃でしか搭乗できないファーストクラスでは、運航されているいずれの目的地も1マイル=10円をしっかり超えていることが分かります。


特典航空券に隠されたメリット

では、この1マイル=10円以上というマイルの価値はファーストクラスでの特典航空券利用でしか実現できないのかというと、そんなことはありません。

なぜなら、エコノミークラス利用でも十分実現できる1マイルの価値だからです。

その方法は、様々な割引運賃で設定されている最低滞在日数を下回るような現地での滞在が短い旅程での特典航空券利用。

仮に最低滞在日数で現地滞在が2日以上に設定されているエコノミークラスSaver運賃を利用する場合、金曜日の夜から日曜日までで完結するような旅程は作成しにくくなってしまいます。

しかし、元々そうした最低滞在日数が設定されていない特典航空券では、より自由に旅程が作成できるため、現地滞在の時間の短ささえ気にならなければ日帰り海外旅行も全く問題なく可能。

これは、ファーストクラスやビジネスクラスなどの上位クラスの特典航空券だけではなく、エコノミークラスも含めたすべての特典航空券で利用可能なメリットです。


ファーストクラスを超えるマイル価値のエコノミークラス特典航空券

実際、最近の我が家で気に入って繰り返し利用することが多かった日帰りバンコクとでも言うしかないような旅程の場合、

金曜日:
羽田21:05→関西22:20
土曜日:
関西00:55→バンコク04:40
バンコク23:00→関西6:30(日曜日)
日曜日:
伊丹16:25→羽田17:40

といった形になっていて、金曜日の夜に羽田空港を出発後、早朝から深夜までのバンコク滞在を楽しんで、日曜日の帰国後は京都や大阪などの関西観光まで追加して、夕方頃には帰宅するというもの。

この旅程では、到着後の昼間の時間をフルに活用するとは言え、バンコク滞在はわずか18時間20分ですから、2日以上の最低滞在日数の制限に引っかかって、割引運賃は利用不可。

つまり、有償での購入の場合、413,000円にもなる普通運賃を利用する以外に方法はありません。

ちなみに、バンコク行きのJAL国際線特典航空券エコノミークラスに必要なマイル数は、通常大人1人の往復で35,000マイル、割引キャンペーンが開催されている時には、最少24,000マイルのみで利用可能でした。

その結果、エコノミークラスの利用でも、

通常時:11.8円(413,000円÷35,000マイル)
割引キャンペーン適用時:17.2円(413,000円÷24,000マイル)

という結果になり、特にキャンペーンの割引適用時には、ファーストクラス利用時の1マイルの価値さえもあっさり抜き去ってしまっています。

いつでもお得に海外旅行に行ける自由と気楽さ

また、こうした1マイルの価値から見たお得度だけではなく、マイルさえ確保していれば、都合の良い空席を見つけた時に、気軽に週末だけを利用した海外旅行を楽しめるというのは、想像以上に自由で嬉しいものです。

実際、日本からの距離がそれほど離れていない東南アジア程度までなら、国際線の飛行時間も5時間前後とあまり長くならず、国内旅行の延長のような感覚で利用できるのもを感じる大きな理由。

もちろん、じっくりマイルを貯めて最高峰のファーストクラスでの優雅な旅行という選択肢も揺るぎない華やかさがありますが、エコノミークラスでも特典航空券だからこそ実現可能なメリットをフル活用して、その底力を手軽に実感してみるのもおすすめなマイルの使い方だと思いますよ。

コメント