JAL発券ブリティッシュエアウェイズファーストクラス特典航空券で試したい2つの実験(コンコルドルームの同伴者利用条件、スパ・カバナの事前予約)

スポンサーリンク
広告ペース728×90




2017年も残すところ約2ヶ月。

その2ヶ月の間、我が家では色々と旅行関連のイベントが目白押しなのですが、その中でも試してみたいとずっと考えてきた実験のような楽しみがあります。

それがロンドン ヒースロー空港コンコルドルームの利用条件。

このコンコルドルームの利用条件というのは、2017年/2018の年末年始に我が家での利用を予定している、JAL発券ブリティッシュエアウェイズ ファーストクラス特典航空券でのコンコルドルーム利用時に、同伴者(同行者)の追加、さらにはスパやカバナの予約条件を実際に調べてみたいというものです。

JALの上級会員資格JMBダイヤモンドやJGCプレミアを獲得するということは、JALが加盟するワンワールドでは、最上位のエメラルド資...
イギリスのロンドン・ヒースロー空港を拠点とするブリティッシュエアウェイズ。 そんなヒースロー空港でもブリティッシュエアウェイズ...

ロンドン ヒースロー空港コンコルドルームの同伴者利用条件

ブリティッシュエアウェイズのファーストクラス利用者は、元々ワンワールドエメラルド資格でも入室できない特別なファーストクラスラウンジへのアクセスが認められています。

ただ、通常のファーストクラスラウンジでは1名まで認められることの多い同伴者についても、コンコルドルームに関しては、ブリティッシュエアウェイズのホームページ上にもはっきりとした記載がなく、それでいて、これまでに問い合わせを行った日本のブリティッシュエアウェイズのカスタマーサービスでは同伴者も入室可能という回答があったりと、実際に試してみない限り判断できない状況。

幸い、今回の年末年始の旅程では、行きと帰りとも、ロンドン ヒースロー空港の制限エリア内で友人夫妻と待ち合わせ/解散を行った上で一緒にパリ観光を楽しむ予定ですから、ファーストクラス利用する私と私の家族の同伴者として、友人夫妻を伴い、コンコルドルームを訪れてみることも十分可能です。

こうしてファーストクラス利用者2名+同伴者2名の合計4名でコンコルドルームを訪れると、コンコルドルームの同伴者条件を調べることができるはず。

もちろん、コンコルドルームの同伴者利用が制限されているリスクもあるのですが、その時は友人夫妻の2人ともワンワールドエメラルド資格を保有していますから、ブリティッシュエアウェイズのファーストクラス利用者に加え、提携他社のファーストクラス利用者とワンワールドエメラルド資格保有者などにも開放されているギャラリーズファーストクラスラウンジで、大人4人おとなしく仲良く過ごすことにします。

British Airwaysでは、弊社のプレミアムキャビンでご旅行のお客様、およびExecutive Clubメンバーのお客様に世界各地のラウンジをご利用いただいています。

専用のコンシェルジュサービス「You First」でのスパやカバナの予約

コンコルドルームへのアクセスと同様に、ブリティッシュエアウェイズのファーストクラス利用者は、「You First」と呼ばれる専用のコンシェルジュサービスも利用可能です。

この「You First」は、

  • 旅程に関する質問への回答
  • コンコルドルーム内のサービスの予約
  • エレミスブランドのスパサービスの予約(ラウンジ利用日の28日前)

などが提供されているサービスなのですが、どうしても気になるのは「You First」の案内ページにある、「You First is for UK residents」という表記。

つまり、イギリス在住者限定のサービスということになるのですが、いくらブリティッシュエアウェイズがイギリスの航空会社とは言え、そのファーストクラスを利用する人すべてがイギリスに住居を構えている人ばかりとは限らない以上、意外にイギリス以外の国に住んでいる利用者もサービスを受けられるのではないかと思っています。

実際、問い合わせ先の電話番号は、イギリス国内から利用するための番号と、海外から国際電話で利用するための番号の2種類が用意済み。

このあたりは、スパやカバナの予約が可能になるとされるラウンジ利用日の28日前が過ぎた頃に、メールで予約申し込みついでの問い合わせを計画中です。

British Airwaysでは、エレミス・スパとのコラボレーションにより一部のラウンジにてご搭乗前のお客様にスパトリートメントを提供しています。

まとめ

航空会社のサービスは、あくまで出発地から目的地まで届けることが、契約の最も重要な基本部分ですから、ラウンジなどの快適性が左右するものの、運航自体に大きな影響を与えないサービスへの姿勢は、良い意味でも悪い意味でもおおらかで、ホームページなどではっきりと案内されていないことも意外に多く見られます。

そうしたケースでは、実際に利用してみるのが一番手っ取り早くサービス内容を確かめられますから、今回の年末年始のブリティッシュエアウェイズのファーストクラス利用では、それを実践してみるつもりです。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする