実質無料のヒルトン有料会員サービス、HPCJの魅力(国内全て&一部韓国で25%割引、キャンセル無料、部屋付更新でポイント&マイル還元)

無料でも高い満足度を誇るサービスが氾濫している現在、有料の会員サービスに求めるメリットはとても高いものになってしまうのは避けられません。

しかし、そんな中、我が家で毎年継続している有料の会員サービスの1つが、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)。

このサービスは、国内全てと一部韓国にあるヒルトン系のホテルを、会員専用の宿泊料金で利用できるようになるのですが、その割引率が通常のキャンセル可能料金から25%オフとなかなか魅力的なものです。

しかも、元になっているのがキャンセル可能な料金ですから、予約変更やキャンセルにも無料で対応してもらえるため、お得度と予約自由度の両方を重視したい時にもとても便利な特典です。

それ以外にも、特典対象のホテルレストランでの飲食が10%から20%オフで利用できたり、初年度のみとは言え、ヒルトンの上級会員資格の中でも下から2番目となるシルバー会員資格を無料で提供してもらえるなど、これからヒルトン系のホテルを利用し始めるという方には最初の一歩として入会しておく価値があるサービスといえます。

HPCJの入会金と更新年会費

そんな魅力を持つHPCJはあくまで有料の会員サービスですから、初年度には入会金として25,000円、そして翌年から更新費用として10,000円のコスト負担が必須。

とは言え、入会時の入会金については、頻繁に年会費割引キャンペーンはもちろん、一部のクレジットカード会員や航空会社会員などを対象にした年会費の実質または完全無料キャンペーンも行なわれていますから、そうしたチャンスを利用できると、大きな負担感を感じずにHPCJのサービスを使い始める事も可能です。

さらに、年会費についても、一年間に1回10,000円の支払い自体は避けられないものの、更新後には5,000円のホテル宿泊やレストランでの食事に利用できる割引券が2枚、合計10,000円分もれなくプレゼントされますから、実質無料で会員資格を維持できるサービスとして運営されています。

HPCJの更新はホテル宿泊時がおすすめ

そのHPCJの更新の機会としておすすめしたいのは、ホテルに宿泊したタイミング。

というのも、HPCJの更新年会費は宿泊時に部屋付として宿泊料金と合わせて支払うことが可能なため、10,000円の更新費用自体も、ヒルトンのポイントや航空会社のマイルの付与数を決定するためのベースポイントとして計算されるからです。

特に、恒常的に行なわれているポイントやマイルのダブルキャンペーンやトリプルキャンペーンでのポイントアップ対象になると、ホテルでの宿泊時に更新を行うという一手間に十分見合う満足感を感じるはず。

ただし、HPCJの更新手続きが可能になるのは会員有効期限月の2ヶ月前から。

つまり、我が家のように毎年12月が有効期限の場合、10月1日から12月31日までの約3ヶ月間の間にヒルトン系のホテルに宿泊して、更新手続きを行う必要があるということになります。

更新キットの到着までの日数と内容

ホテルでの更新手続きを行った後は、更新キットと呼ばれるセットが郵送されてくるのを待つのみ。

この更新キットは手続き完了後、お届けまで約3週間から4週間程度の期間が必要と案内されているものの、実際にはちょうど2週間で届けられるというなかなかスピーディーな対応でした。

そうして届けられた更新キットを開封してみると、まず出てくるのは最も重要な会員カード。

この会員カードは紛失してしまうとHPCJの会員特典が受けられないだけではなく、カードの再発行の度に2,500円の手数料が必要になりますから、扱いには要注意です。

その他には、

  • HPCJからの挨拶リーフレット
  • 利用ガイド
  • 5,000円分の割引券2枚

などが同梱されていました。

この5,000円分の割引券は有効期限が会員有効期限と同じ日付になっていて、早くに更新したからと言って、有効期限の短い割引券が届けられるというデメリットはありません。

そのため、有効期限までの約3ヶ月間で本当に好きなタイミングでの更新ができるということになりますね。

また、利用ガイドについては、2017年10月から変更が加えられたサービス内容について分かりやすく説明されていますから、更新キットが届いたこの機会に簡単に目を通しておくのがおすすめです。

まとめ

メインのホテルグループとして、ヒルトン系のホテルを愛用している我が家では国内に宿泊する時の大半は、このHPCJ特典の恩恵を受けています。

もちろん、定期的に開催されている宿泊費50%オフセールでの予約に比べると、割引率的に負けてしまう場面があるのも事実ですが、宿泊料金自体が高騰する前のタイミングでとりあえず予約を確保しておく場合、そうしたセール価格相手でも想像以上に奮闘していることも多くなっています。

また、直前期にそれまで強気だった宿泊料金が実際の稼働率に見合った料金まで値下げされた際にも、セール価格での予約ではキャンセルや予約変更に対応していないため、どうしようもないのですが、HPCJでの予約では安くなった宿泊料金での予約取り直しにも十分対応できるのも嬉しいメリット。

もちろん、そうした宿泊料金のお得度を追求する目的だけではなく、万が一体調を崩したり、急なスケジュール変更で宿泊できない場合でも、問題なくキャンセルできる予約をお得に確保しているというのは、心理的にもとても気軽で気に入っています。

そうしたヒルトン系ホテルとの付き合い方を楽しむ上でも、お得で気軽なHPCJは継続する価値がある有料サービスとしてなかなかおすすめできるものの1つだと思いますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク