JAL国際線Wi-Fiキャンペーンは最大7万円分以上の価値あるJMBダイヤモンドとJGCプレミア用の機内Wi-Fi無料特典(利用条件と利用可能期間、40回分の無料回数、実際の速度・快適性)

スポンサーリンク
広告ペース728×90




様々な特典が提供されるJALの上級会員資格の中でも、

  • JMBダイヤモンド
  • JGCプレミア

上位2つのステイタスには、他のステイタスにはない様々な特典が追加で提供されます。

具体例としては、

  • チェックイン時、搭乗時、保安検査・出国審査での優先的な対応
  • ファーストクラスラウンジへのアクセス
  • 最大6万円相当のプレゼントがもらえるサービスセレクション
  • 国際線の機内Wi-Fi無料クーポン

などが挙げられ、こうしてみるとなかなか多彩で実用的なラインナップ。

そんな中でも、私がJMBダイヤモンドになる前はそれほど気に留めていなかったものの、実際に活用してみて評価がガラリと変わったのが、国際線の機内Wi-Fi無料クーポン特典でした。

無料クーポンが提供されるJAL国際線Wi-Fiキャンペーン

2018年現在、JALでは国内線の機内Wi-Fiこそ無料で開放しているものの、国際線の機内Wi-Fiは未だ有料。

最も安価な1時間プランのJALカード払いでも9.15USドル、最も実用性の高い最大24時間利用可能なフライトプランの場合、16.80USドルとなっていて、インターネット接続のための料金としては意外に高価格な設定になっています。

そんな中、JMBダイヤモンド会員とJGCプレミア会員に限って、無料で国際線の機内Wi-Fiを利用できる無料クーポンをプレゼントしてくれるキャンペーンが開催されています。

それが、JAL国際線Wi-Fiキャンペーン。

このキャンペーンは、キャンペーンの登録期間中に事前の手続きを行う必要があるものの、年度内に40回まで無料で国際線の機内Wi-Fiを利用できるクーポンがもれなく提供されるというもの。

つまり、1回16.8ユーロ相当のクーポンが40回分ですから、総額672USドル=約73,000円相当と、フルに利用できたならかなりの価値がある特典と考えて良さそうですね。

機内Wi-Fi無料クーポンが提供されるキャンペーン期間と必要日数

肝心のキャンペーン期間(利用可能期間)とキャンペーン登録期間は、

2017年度

  • キャンペーン期間:2017年4月1日から2018年3月31日まで
  • 登録期間:2017年2月20日から2018年3月20日まで

2018年度

  • キャンペーン期間:2018年4月1日から2019年3月31日まで
  • 登録期間:2018年1月26日から2019年3月20日まで

となっていて、2018年度分の受付もすでに開始されている状況です。

ちなみに、クーポンを受け取るための手続きを完了すると、2日後には登録したメールアドレスに会員一人一人異なる専用のクーポンコードが届けられます。

このクーポンコードは「JALVIP」で始まる16桁の英数字という部分も、機内での利用方法もJALファーストクラス利用者向けに無料で配布される1回のみ有効の機内Wi-Fi無料クーポンと全く同じ。

ただし、キャンペーンで提供されるクーポンコードの場合、うっかり忘れてしまうとせっかくの国際線機内Wi-Fiも無料で利用できませんから、機内で利用する可能性のあるデバイスのメモアプリなどにでも保存して、使いたい時にすぐ使えるようにしておくのがおすすめ。

国際線。飛行機の中でスマートフォンやタブレットなどのWi-Fi対応端末から、インターネットをご利用いただけます。

40回分の機内Wi-Fiクーポンの無料回数

こうしてJAL国際線機内Wi-Fiを無料での利用が可能なJAL国際線Wi-Fiキャンペーンですが、40回までという回数制限が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、実際にキャンペーンで提供されるクーポンコードを利用してみると、40回という回数はちょうどよい数と感じています。

なぜなら、現状、すべてのJALが運航する国際線路線で機内Wi-Fiが利用できるわけではないため、40回分、つまり20往復分の無料回数を使い切るのは、なかなか難しいから。

もちろん、機内Wi-Fiは花形路線ほど搭載されている傾向はありますから、そういった路線を中心に利用する場合は別です。

しかし、それでも、JAL国際線の機内Wi-Fiが衛星との通信を利用してインターネット接続を実現していることと、日本とは異なる様々なルールや規制の整備された他の国の領空を飛行することで、機内Wi-Fiが常に機能しているわけではなく、利用したい時に利用できないケースがあることも、意外に無料クーポンコードの使用回数が思ったように減らない理由になります。

JAL国際線の機内Wi-Fiの速度・快適性

肝心の機内Wi-Fi利用時の快適性ですが、基本的にはメールの送受信やツイッターなどの軽めのSNSへのアクセス、写真が極端に多くはないサイトへのアクセスは特段早いというわけではないものの、問題なく利用可能です。

一方で、大きなサイズの写真が並ぶサイトや音声や動画などのデータ量の多いサイトへのアクセスは極端に遅くなり、場合によってはアクセス自体が元々制限されているというケースも。

そのため、我が家の場合は、文字中心のサイトでの目的地到着前に確認しておきたいことの調べ物、あるいは到着してからの移動や宿泊などの予約についての最終チェックを行うようにしています。

やはり、そういった時に感じるのは、時には10時間を超える長時間のフライトになることもある機内にいながら無料で自由に機内Wi-Fiが利用できる快適性。

こういった部分でもJAL運航便をますます活用したくなります。

ただし、この機内Wi-Fi最大の注意点は、衛星経由でのインターネット接続になるため、飛行するエリアによってはいきなり衛星との接続が切断される可能性があること。

この場合は有料、無料に関わらず、せっかく利用できる時間内でもまったくインターネットへの接続はできなくなってしまいます。

こうした時、同じ機内で有料での機内Wi-Fiサービスを利用していると思われる方が客室乗務員の方を呼び出して問い合わせを行ったり、その後次第に、少しずつ不機嫌になっていくという様子も意外に見られるのですが、切断自体は技術や規制的に仕方のないことと思う一方で、利用者の方も安くはない料金を支払っていることを考えると、その気持ちも少しだけ理解できる部分も。

とは言え、JMBダイヤモンド会員とJGCプレミア会員は元々無料ですから、そういったストレスを抱えることなく、接続できないならそれは仕方ないというように気軽に利用できる点でも、このJAL国際線Wi-Fiキャンペーンとそこで提供されている無料クーポンは気に入っています。

まとめ

JMBダイヤモンド会員とJGCプレミア会員限定とは言え、最大で7万円以上の価値がある国際線の機内Wi-Fiクーポンが無料でプレゼントされるJAL国際線Wi-Fiキャンペーン。

事前の申し込み手続きや40回という回数制限、さらには飛行中の突然なインターネット接続の切断など、注意点や気になるポイントはいくつか存在しているものの、実際に利用してみると、かなり満足度の高いサービスが提供されていると気づきました。

将来的には国際線も国内線同様に無料の機内Wi-Fiが提供されるようになり、こうした形の特典はいずれ無意味なものになるのは既定路線のはず。

しかし、国内線に比べて様々な規制や飛行する航路上の国とのやりとりでコストが必要になることを考えると、国際線の機内Wi-Fi完全無償化にはもう少し時間がかかると予想していますから、それまでは機内Wi-Fiクーポンの恩恵に感謝しながら、JAL国際線Wi-Fiキャンペーンを活用していくつもりです。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする