JAL都道府県シールフルコンプリート!(コンプリートシールの申し込みから到着までのスケジュール、コンプリートシールセットの内容、デザインやオリジナルシールフォルダの違い、JALも半信半疑だった4回目のコンプリートとその先の目標)

スポンサーリンク
広告ペース728×90




JALが国内線利用者を対象とした2019年3月31日までの期間限定キャンペーンとして開催されている都道府県シール。

このシールは、国内線に乗務されている客室乗務員の方がそれぞれの出身地やゆかりを感じるとして選んだ都道府県がデザインされたきれいなシールを所持し、キャンペーン期間内に機内で言葉を交わした利用者に無料でプレゼントしてもらえるというものです。

そんな都道府県シールには、名前が表すとおり全部で47種類のシールが用意され、それら全種類を集め、JALが運営する「JAL TODOFUKEN SEAL コンプリート事務局」に送付することによって、全く別のデザインのコンプリートシールがプレゼントしてもらえるという嬉しいゴールが用意されています。

最終ゴール到達が難しいJAL都道府県シール

そうした形で提供されている都道府県シールですが、このキャンペーンのゴールとして用意されているコンプリートシールが全4種で、全く別々のデザインのものが用意された結果、最終的なゴール到達がとても困難なものになってしまっています。

実際、都道府県シールを集めていく過程で、すでに持っているシールとの重複は避けられないのですが、それら重複を除いた上で、

47枚×4セット=188枚

という約200枚に近いシールを集める必要があります。

そうした事情がありますから、利用者ごとに様々な楽しみ方が考えられる都道府県シールですが、最終的なゴールとして全種類のコンプリートシールの収集を目指した途端、なかなかの難易度を見せつけるキャンペーンなのは間違いありません。

ちなみに、JALをメインの航空会社として愛用している我が家でコンプリートシール4セット分の都道府県シールを集めるためには、重複分を合わせて合計524枚のシールの収集を必要としました。

しかも、それを集めるために要したフライト数はちょうど150回分。

もちろん、家族や友人、知人などと不足しているシール交換しながら集める場合、もう少し楽に楽しめるようになるとは思うものの、今回の我が家のようにシンプルにフライトの利用だけで4セット分を集めるとなると、なかなか大変というのが正直な部分です。

4セット分のコンプリートシールプレゼントに一度に申し込んだ理由

そのコンプリートシールですが、全ての都道府県シールが4セット分が集まったからと言っていつでもすぐに全て入手可能というわけではなく、

  • デザイン1:2017年12月20日~2019年4月10日
  • デザイン2:2018年4月1日~2019年4月10日
  • デザイン3:2018年8月1日~2019年4月10日
  • デザイン4:2018年12月1日~2019年4月10日

というスケジュールで、応募回数ごとにそれぞれ異なる応募可能期間とデザインが設定され、すべてのコンプリートシールを集めるためには、デザイン4のプレゼントが解禁される2018年12月1日を待つ必要がありました。

我が家でも、コンプリート済みのセットが完成する度に、申込みを行うことを考えたものの、キャンペーンのルール上、一度に複数セット分の応募も問題なく受け付けられていることもあり、4回目も合わせた全4セット分を1度に受け付けてもらえる12月1日を待ち、それから申し込むことにしました。

コンプリートシールの申込みには、47都道府県分の都道府県シールを1セットとし、それらの現物全てを

「〒107-8691 日本郵便株式会社 赤坂郵便局 私書箱51号 JAL TODOFUKEN SEAL コンプリート事務局」

宛に、送料利用者負担で送付する必要があります。

実際、47都道府県分のシールをコツコツコンプリートする手間や労力を考えると、万が一の郵便事故対策として、配達状況が追跡できる方法での発送や補償の追加が必要になるでしょうから、その分のコストや手続きの手間を軽減できることにも、4セット分をまとめて送付するメリットを感じる方も多いかもしれません。

我が家の場合、追跡サービスがしっかりと利用できるのであれば、郵便事故時の補償は不要と考え、郵便局などを訪れることなく郵便ポストからも手軽に発送可能な専用封筒込みの送料360円のレターパックライトを利用しました。


4セット分のコンプリートシールへの申し込みタイミングと実際の4回目分のコンプリートシール受け取りまでのスケジュール

我が家の場合、2018年12月1日からの受付開始となっている4回目のコンプリートシールを含めた、4セット分を一度に申し込む関係で、11月30日夜の到着を狙い、11月29日の夕方に引受処理が行われるように発送しました。

その結果は、上の画像からも分かるように、

  • 11月29日(木):私が発送したレターパックライトの引受
  • 11月30日(金):宛先として用意された私書箱のある郵便局に到着後、私書箱に保管
  • 12月3日(月):JALからキャンペーン運営を委託された企業(セプコム)に引き渡し

というスケジュールで配達が完了。

その後、上の画像のような、

「【ご案内】47TODOFUKEN SEALコンプリート申し込み受付のお知らせ」

という件名のメールが1通のみ、12月6日に到着。

それからさらに時間が経過して、

「【JAL TODOFUKEN SEALコンプリート事務局】コンプリートシール発送のお知らせ」

という件名のメールが3通、12月14日に到着。

このメールには上の画像のように、

  • シールの確認作業が完了したこと
  • すでにコンプリートシールが発送されたこと
  • 複数同時の申込みでも各回のコンプリートシールは別送となること
  • 4回目のコンプリートシールは発送に時間を要する見込みであること

という内容がシンプルに記載されていました。

つまり、この2018年12月14日時点では3回目分までの発送しか発送されず、4回目分のコンプリートシールの発送は行われていないということになります。

そんな4回目分のコンプリートシールの発送を知らせる、

「【JAL TODOFUKEN SEALコンプリート事務局】コンプリートシール発送のお知らせ」

という件名のメールがようやく届いたのは、もうすでに新年を迎えた2019年1月9日。

つまり、全体のスケジュールとしては、

  • 2018年11月29日:私から事務局宛に4セット分を一度に発送
  • 2018年12月3日:事務局に到着
  • 2018年12月6日:事務局にて受付完了
  • 2018年12月14日:事務局から1回目から3回目までのコンプリートシールの発送完了
  • 2019年1月9日:事務局から4回目のコンプリートシールの発送完了

という形になり、申込みから1ヶ月以上の時間が経過してすべてのコンプリートシールのプレゼントが完了したことになります。

1回目から4回目までのコンプリートシールセットの内容

こうして届けられることになったコンプリートシールは上の写真のような封筒に入れられ、ゆうパケットで到着しました。

いずれもJAL TODOFUKEN SEALコンプリート事務局から送料元払いのゆうパケットで折曲厳禁のスタンプが押された状態で発送されるのは変わらないものの、封筒のサイズが1通だけ大きく違います。

これは、1回目、2回目、3回目、4回目のそれぞれで、コンプリートシールと一緒に送られてくるセット内容が異なることが理由。

1回目のコンプリートシールセットの内容はというと、上の写真の右上から時計回りに、

  • 消印風のスタンプが押された状態で返却され全47枚の都道府県シール入りの封筒
  • 赤色の台紙に収められたコンプリートシール
  • 送付されたコンプリートシールの案内
  • 折り曲げ対策用に追加された厚紙

の4点。

2回目のコンプリートシールセットの内容は、上の写真の右上から順番に、

  • 消印風のスタンプが押された状態で返却され全47枚の都道府県シール入りの封筒
  • 赤色の台紙に収められたコンプリートシール
  • シルバーのオリジナルシールフォルダ
  • 送付されたコンプリートシールとシールフォルダの案内

の4点。

3回目のコンプリートシールセットの内容は、上の写真の右上から順番に、

  • 消印風のスタンプが押された状態で返却され全47枚の都道府県シール入りの封筒
  • 赤色の台紙に収められたコンプリートシール
  • ゴールドのオリジナルシールフォルダ
  • 送付されたコンプリートシールとシールフォルダの案内

の4点。

4回目のコンプリートシールセットの内容は、上の写真の右上から順番に、

  • 消印風のスタンプが押された状態で返却され全47枚の都道府県シール入りの封筒
  • 赤色の台紙に収められたコンプリートシール
  • ブラックのオリジナルシールフォルダ
  • 送付されたコンプリートシールとシールフォルダの案内

の4点。

このように、コンプリートシールのセットでも、申込みの回数によって、シールフォルダの有無、シールフォルダ自体の色など、細かな差があることが分かります。


申込み回数ごとに異なるコンプリートシールセットのデザイン

まず最初に目につくのはやはり肝心のコンプリートシールのデザイン。

それぞれ、

  • 1回目:桜(春)
  • 2回目:七夕(夏)
  • 3回目:紅葉(秋)
  • 4回目:雪の結晶(冬)

というように、日本の四季を十分感じられる美しいデザインが採用されたもの。

しかも、これらのコンプリートシールは、通常の都道府県シールとは大きく異なる光沢と不思議な立体感が楽しめる厚みのあるインクを用いた特殊な印刷で作成されています。

さらに、そのコンプリートシールが1枚1枚収められている台紙もJALを象徴する鮮やかな赤で彩られた高品質なもの。

実際に4種類を手元に揃えてみると、想像以上に綺麗で驚く、なかなか満足な仕上がりでした。

ちなみに、個人的には、全4種類の中では、1回目のコンプリートシールとなる、春の桜のデザインのものが細やかさと立体感のバランスが最も好みでお気に入りの1枚です。

シールフォルダと文章内容の違い

続いて、1回目のみプレゼントが行われず、2回目から4回目までプレゼントされるシールフォルダも、それぞれ異なるものが用意され、確かな違いを感じる部分です。

具体的には、

  • 2回目:シルバー
  • 3回目:ゴールド
  • 4回目:ブラック

というラインナップになっています。

ちなみに、4回目にはなぜブラックが選ばれたのかについては、有終の美を飾るにふさわしい最上級のステータスの証として採用されたことが、4回目のコンプリートシールと同封されていた案内の紙に記載されていました。

また、同封されている案内の紙でも、最終回となる4回目には、シールフォルダの色を選んだ理由の他に、

  • 4回目で最終回となること
  • 企画段階で4回のコンプリートが難しいと考え、本当に応募してもらえるか半信半疑だったこと
  • 企画に参加してもらえて感謝していること

などが丁寧に記載されていました。

その結果、上の写真からも3回目までと比べても、4回目では文章量が多いものになっていることが分かりますね。

また、それに伴って、文章用のスペース確保を目的としたのか、2回目と3回目の案内の紙には印刷されていた写真も4回目ではカットされていました。


消印風スタンプが押されて返却されたシールとダメージのあるシールの扱い

コンプリートシールのセットには、申込み時に送付した47枚の全都道府県分のシールも、上の写真のような消印風のスタンプが1枚1枚押された状態で、封筒に綺麗に収められ、同封されています。

この返却されたシールを確認してみると、折れなどで何らかのダメージを受けた状態の都道府県シールでも、問題なく受け付けてもらえたことが分かります。

そのため、仮に集めたシールに持ち運び時や保管時に受けたダメージがあったとしても、どの都道府県のシールなのか確認できる程度のダメージであれば、とりあえずコンプリートシールの申込みに利用してみるのも検討する価値が十分あることだと私自身は感じています。

4回目までの全種類のコンプリートシールを集め終えた後の目標

こうして我が家では全4種類を集め終えたコンプリートシールですが、これで終わりというわけではありません。

なぜなら、コンプリートシールは会員ごとに4枚まで集めることができることに加え、都道府県シールのキャンペーン自体は2019年3月31日まで開催されているから。

実際、私の分の申込みで全4種類のコンプリートシールを集めた我が家でも、家族の分として、新たに4セット分の都道府県シールを集め始めています。

ただし、キャンペーン期間が残り3ヶ月を切っていますから、その短い時間ではこれまでのように我が家だけではすべて集めることは現実的ではないことは残念なポイント。

そのため、都道府県シールがプレゼントされる2019年3月31日までできる限りシールを集めつつ、その後は、コンプリートシールの最終申込締切となる4月10日まで家族や友人、知人などと都道府県シールの交換も行ってできるだけ多くの47枚全部が揃ったセットを作り出し、家族分として申込むという道筋や目標を持ちつつ、もう少しの間、この都道府県シールというキャンペーンを楽しむつもりです。

まとめ

JALが提供している全種類の都道府県シールを集めた時にもれなくプレゼントされる全4種類のコンプリートシール。

そのために、4セット分で合計188枚もの都道府県シールをコツコツ集めた先で得た結果は、コンプリートシールのデザインや品質の良さもなかなか満足なものでした。

また、キャンペーン中は、客室乗務員の方にお声がけをすることで、1回1回のフライトに大小様々な変化が生まれ、想像以上に楽しく思い出深いものになることも、こうしたキャンペーンの魅力の1つかもしれません。

この都道府県シールキャンペーンは2019年3月31日で機内でのシールプレゼントが終了し、4月10日のコンプリートシールの申し込み締め切りで完全に終了してしまいますが、2019年度もこれまで同様、1回1回のフライトが楽しめるようなキャンペーンや企画がJALによって開催されることを期待してしまっています。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする