JAL優先搭乗の特長とメリット(国内線と国際線の違い、同行者の優先搭乗、ファーストクラス最優先扱い)

スポンサーリンク
広告ペース728×90




ビジネスクラスやファーストクラスといった上位クラスの利用者、そして各航空会社の上級会員資格を保有している方が利用できる特典の1つが優先搭乗。

この優先搭乗は、一般の利用者よりも早く機内に案内されるため、全体的に慌ただしくなりやすい搭乗時のタイミングも比較的ゆったりと過ごせるのは大きなメリットです。

多くの航空会社で提供されている上級会員制度。 JALも例外ではなく、利用者の搭乗実績に応じた特別なサービスを提供するための基準...
多くの航空会社には、利用者の搭乗実績に応じた特別なサービスを提供するための基盤として、上級会員制度が提供されています。 それは...

国内線の優先搭乗

国内線では優先搭乗を含め、最大で5段階に分けて案内が行なわれます。

具体的には、

  1. 事前改札サービス:お子様連れやお体の不自由な方などのための最優先搭乗
  2. 優先搭乗1:国内線ファーストクラス利用者、ワンワールドエメラルド相当の上級会員
  3. 優先搭乗2:ワンワールドサファイア相当の上級会員
  4. 後方座席:後方の座席に座る利用者
  5. すべてのお客様:前方の座席に座るなど、その他すべての利用者

というもの。

ただし、優先搭乗1と優先搭乗2の区別は羽田-伊丹線のみで行なわれ、それ以外の路線ではファーストクラス利用者も上級会員もすべて1回の優先搭乗で案内されたり、飛行機の大きさやその日の利用者数によっては、後方座席と前方座席で分けずに、優先搭乗終了後、そのまますべてのお客様を一度に案内することもあるなど、ある程度臨機応変に運用が行なわれていることには要注意。

国際線の優先搭乗

国際線でも、最大5段階に分けて案内が行なわれるのは同じです。

しかし、国際線では、国内線にはなかったビジネスクラスの存在が加わったり、国内線では優先搭乗の対象外だったワンワールドルビー相当の上級会員が追加されるなど、国際線と国内線では多少の違いが生まれています。

その結果、具体的には、

  • 事前改札サービス:お子様連れやお体の不自由な方などのための最優先搭乗
  • 優先搭乗1:国際線ファーストクラス利用者、ワンワールドエメラルド相当の上級会員
  • 優先搭乗2:ビジネスクラス利用者、ワンワールドルビーからサファイア相当の上級会員
  • 後方座席:後方の座席に座る利用者
  • すべてのお客様:前方の座席に座るなど、その他すべての利用者

という5段階に分かれます。

もちろん、国内線と同様に、国際線でも出発する空港や目的地、利用者の数などによって、優先搭乗1と優先搭乗2が1つの優先搭乗として扱われたり、後方座席と前方座席を分けずに案内することもあるので要注意。

優先搭乗の方法

優先搭乗を利用する場合、一般的には通常の搭乗時と同じように搭乗ゲートで搭乗券を用意するだけで大丈夫。

というのも、搭乗券には搭乗者情報と一緒に優先搭乗の可否がデータとして登録されていて、搭乗券上の印字としてはもちろん、搭乗ゲートを通過する時の音の違いとして利用者側も確認できます。

また、搭乗ゲートに液晶画面がある場合、そこでの表示でも、搭乗クラスや上級会員資格など、優先搭乗ができる根拠が表示され、確認は可能です。

そのため、上級会員の優先搭乗でステイタスカードを提示することが必須というわけではありません。

優先搭乗の対象者ではない方が優先搭乗のタイミングでゲートを通過すると、少なくとも他の優先搭乗対象者とは異なる音が鳴り、ゲートのスタッフの方や一部の音の違いを知っている利用者の方には、はっきりと見分けることも可能です。

さらに優先搭乗の対象になっている上位クラスの利用者や上級会員の同行者の場合、優先搭乗の資格がなくても、同行者として常識的な範囲内の人数であれば、優先搭乗が認められていますから、チェックインのタイミングにでも優先搭乗を利用しても良いか、簡単に確認してみるのもおすすめかもしれませんね。

一方で、あまり一般的ではないものの、上級会員資格のある航空会社以外にマイルを積算するなどした場合、搭乗券には優先搭乗可能な情報が記録されていませんから、このケースではステイタスカードを提示して優先搭乗を利用するしかありません。

ビジネスクラスやファーストクラスを利用する時と同様に、上級会員を対象に提供されるサービスの中で特に魅力的だと感じているのが優先搭乗。...

搭乗当日の順番の確認方法

国内線でも国際線でも、こうした搭乗の順番は搭乗ゲート付近の案内板などでも確認することも可能ですが、それはあくまで一般的な案内に過ぎず、その日の搭乗方法と必ず同じとは限りませんから、搭乗の案内開始前に搭乗ゲート付近で準備をしているJALのスタッフの方に問い合わせたりするのがおすすめです。

また、利用する空港やターミナル、搭乗ゲートによっては、事前改札サービス利用者、優先搭乗利用者、一般の利用者のそれぞれで並ぶ場所が細かく別々に設定されているケースもありますから、無駄な労力を消費せず、正しい場所に並んだり、その近くで待機しているためにも、初めて利用する時などは問い合わせてみる価値はあります。

早く機内に搭乗できるメリット

このように優先搭乗などを利用して早く機内へ入るメリットとしては、大きく分けて、

  • 搭乗ゲート付近で立って待つ時間が少なくて済む
  • 頭上の荷物入れのスペースを席の真上に確保しやすい
  • 客室乗務員の方へのリクエストを早めにお願いできる

という3つがあります。

特に、優先搭乗のメリットとして忘れてはいけないのが、3つめの客室乗務員の方へのリクエストが早めにお願いできること。

というのも、特に国際線の機内販売は販売自体が機内食の提供後に開始されるものの、注文自体は機内に搭乗して、席についてすぐの段階からお願いできるため、優先搭乗で早めに着席できると機内販売の商品を確保してもらえる可能性は格段に高まります。

これは、実際、毎年3月から対象の路線でファーストクラスとビジネスクラスの利用者限定で販売される幻の焼酎、森伊蔵をより確実に確保するためには、とても有効なテクニックの1つ。

特に、搭乗の時点で在庫の確保とその後の購入が確約されているファーストクラス利用時ならまだしも、ファーストクラスの設定がないビジネスクラスのみの路線では、他のビジネスクラス利用者との過酷な森伊蔵争奪戦に参加しなくてはいけない以上、優先搭乗は優先搭乗でも、その中でいかに早く機内に入り、客室乗務員の方へのリクエストを完了するかが、購入の可否を大きく左右してしまうのは避けられません。

JAL上位クラスの隠れた魅力、森伊蔵機内販売 JAL国際線のファーストクラスやビジネスクラスの隠れた魅力の1つとして忘れられないのが、...

国際線ファーストクラス限定の最優先搭乗

国際線の優先搭乗では、出発する空港や目的地、利用者の数などに左右される形で、優先搭乗1と優先搭乗2が1つの優先搭乗に省略されることもある一方で、ファーストクラスだけワンワールドエメラルド相当の上級会員からさらに分けて、特別扱いされることもあります。

例えば、上級会員用とは別に、ファーストクラス専用の列を用意するケース。

あるいは、搭乗ゲート付近にファーストクラス利用者の椅子を確保した専用のエリアを用意するケース。

さらには、ファーストクラスの利用者だけ、チケットをチェックするための搭乗ゲートの内側で待機させてくれるケースもありました。

しかも、日本ではお子様連れやお体の不自由な方などのための最優先搭乗としての事前改札サービスはとても大切にされて、一番最初というのはしっかり堅持されているのですが、海外の空港では、ファーストクラス利用者の搭乗が事前改札サービスより優先されることもあり、意外な部分でそれぞれの国や空港の考え方・方針の違いを実感するきっかけになるかもしれません。

JALマイルの使い道で最も価値があるものと言えば、それは間違いなく国際線特典航空券でのファーストクラス予約。 もちろん、必要マ...

まとめ

ビジネスクラスやファーストクラスといった上位クラスの利用者と各航空会社の上級会員が利用できる特典、優先搭乗。

一定のルールを基本としながら、利用する空港や便、搭乗率などによって運用方法が変更されるため、少しだけ複雑な印象を感じてしまうかもしれません。

しかし、実際に活用してみると意外に簡単で、とても便利なのはもちろん、利用してはじめて得られる価値のあるメリットも確かに存在していますから、せっかく使えのであれば、しっかりと優先搭乗を頼りにしてみるのもなかなかおすすめだと思いますよ。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする