リモワスーツケースでのハンドル故障有償修理ビフォー&アフター(リモワクライアントサービスの魅力、宅配修理のメリットとデメリット、必要修理日数、修理料金と送料、ハンドル修理後のパーツアップグレード)

我が家で愛用しているリモワ(RIMOWA)のスーツケースは、扱いやすさはもちろん、良好なデザイン面でもお気に入りで、材質や大きさなどが異なる種類を、旅の目的や期間などに合わせて切り替える楽しさも持ち合わせた魅力的な製品です。

そんなリモワのスーツケースの中でも、最も気軽に持ち出していたお気に入りの1つに故障が発生し、有償での修理を行う機会がありました。

リモワのスーツケースをリモワクライアントサービス大阪に発送して宅配修理をする方法(リモワ公式修理サービスの特長、宅配修理の流れ、修理料金のクレジットカード払い、故障前のオーバーホール)
機内持ち込みリモワスーツケースで最大級に深刻なトラブル、テレスコープハンドル故障に遭遇してしまった(機内持ち込みサイズと預入荷物サイズの違いと故障リスク、引き手ハンドル収納不可な故障が引き起こす危機、リモワクライアントサービスでの直接持ち込み修理と宅配修理)

機内持ち込みサイズのリモワ サルサで遭遇した故障トラブル

実際に故障トラブルが発生したのはリモワ サルサの2輪タイプの35Lで、購入から8年ほどが経過した製品。

もちろん、機内持ち込みサイズのリモワを利用する時に、このスーツケースばかり利用するわけではないものの、複数保有している機内持ち込みリモワの中でも、特に傷や消耗などを全く気にすることなく、とても気軽に使えるため、利用頻度がなかなか高いお気に入りの1つとして活躍してきました。

そんなお気に入りのスーツケースが遭遇した故障の内容というのが、スーツケースを引っ張る時に伸ばして利用する伸縮機能搭載のハンドルが完全に最後まで縮まらず、常にハンドルが突き出た状態になってしまうというもの。

上の写真は宅配での修理を利用するために発送する直前の様子を撮影したものですが、本来はスーツケース内に収まるはずのハンドルが収納されないないため、本来の機内持ち込み手荷物として認められたサイズをハンドルの長さの分だけオーバーしてしまうのが致命的。

この状態ではスーツケースとしての正常な利用はどんなに頑張っても不可能です。

リモワ(RIMOWA)最大の弱点 鍵が開かないトラブル ロック解除方法

リモワのスーツケース修理の選択肢

こうした利用者側ではどうすることもできない故障トラブルに遭遇した場合、有償での修理と追加負担無しでの廃棄のいずれかを選ぶ必要に迫られます。

私の場合、

  • 故障したリモワのスーツケースが気に入っていた(気楽に遠慮なくどんどん酷使できるのは快適そのもの)
  • 気軽に利用できるスーツケースを新たに新品で購入する場合に必要なコストが意外に高い(約8年前の購入時の2倍以上)
  • 有償修理に必要な修理料金がとてもリーズナブル(簡易見積りで1万円前後)

という理由から修理することを選びました。

特に、このリモワのスーツケースを購入した2010年当時は今から振り返っても激しい円高が進行していた時期に2万円台後半のなかなかリーズナブルな価格で購入したものの1つですから、簡易見積もりの結果として提示された1万円前後修理料金を追加で負担しても、十分お得と判断できたことも大きな理由の1つです。

そうして修理することを決めたのなら、

  • 最寄りやアクセスの容易なリモワ販売店に持ち込む
  • リモワジャパン公式修理部門のリモワクライアントサービスに持ち込む
  • スーツケース修理を受け付けている修理業者に持ち込む

といった選択肢からいずれか1つを選ぶことになります。

この中でも我が家が実際に利用し、頼りにもしているのが、リモワクライアントサービスの存在。

というのも、このリモワクライアントサービスは、主に、

  • リモワクライアントサービス東京表参道
  • リモワクライアントサービス東京銀座6丁目
  • リモワクライアントサービス大阪心斎橋
  • リモワエアポートサービスカウンター成田空港

という4つの拠点から構成されるサービスなのですが、そこで提供されるサービスに必要な修理料金も前述の簡易見積りの金額の通り、想像しているよりもずっとリーズナブルという嬉しい特長を持っています。

しかも、これらの直接修理拠点への故障したリモワの持ち込みが難しい場合には、宅配での修理の受付が可能なリモワクライアントサービス大阪もあるなど、リモワを愛用する上でも安心感を感じる心強いサービスなのは間違いありません。


リモワクライアントサービス大阪の宅配修理を利用するメリットとデメリット

こうして提供されるリモワクライアントサービスの中でも間違いなく異色の存在と言えるのが唯一宅配修理の受付が行われているリモワクライアントサービス大阪。

やはり、宅配便で故障した製品を発送するだけで、修理完了後にそのまま届けられる宅配修理はお手軽ですから。

しかも、修理料金自体は、宅配修理でも割増になることなく、基本的に修理拠点に直接持ち込んだ場合と同じというのも忘れてはいけない嬉しいメリットです。

一方で、宅配修理には、他の修理拠点への直接持ち込みに比べて、

  • 故障内容によっては梱包などの発送準備が必要
  • 往復の送料分のコスト負担が増える
  • 修理完了までの必要日数が長くなる

といったデメリットが存在しているのは要注意です。

実際、今回の修理では様々な部分で運が悪く、

  • ハンドルが収納できないため、スーツケース単体で発送できずに梱包する必要があった
  • 梱包が必要だったので発送サイズが大きくなり、往路分の送料が比較的割高になった
  • 年末で混雑する時期だったため、修理拠点への持ち込みでは十数分から1時間程度で完了する修理に3週間ほどの時間を要した

というような形でしっかりと宅配修理のデメリットを体感することになってしまったのは、仕方のないこととは言え、少しだけ残念でした。

リモワスーツケースの宅配修理の料金と送料

宅配修理を利用して故障したリモワを直す場合に気になることと言えば、必要になる修理料金や送料の金額かもしれません。

この金額は、今回の私のように自己負担で修理を行う場合はもちろん、元々補償限度額が設定されていて、その上限を超える場合には自己負担が発生してしまう海外旅行保険利用での修理を行う場合でも、重要なことに違いはないはず。

気になる今回のハンドル修理で必要だった金額の内訳は、

  • 往路送料:2,138円(関東から関西へのヤマト運輸宅急便160サイズの集荷料金)
  • 修理料金:11,556円(部品代や技術料、復路送料、代引き手数料含む)

となっていて、合計金額は13,694円でした。

それにしても、修理に必要な料金に加えて、復路分の送料や支払い時に必要なはずの代引き手数料まで合わせて11,556円という金額は驚異的。

しかも、クレジットカードの利用も可能で、その場合も利用者側の手数料などの追加負担はなしというのも嬉しいですね。

ちなみに、スーツケースをヤマト運輸の宅急便で発送する場合、梱包が行われずにスーツケース単体でそのまま発送するという条件を満たす限り、

  • 160サイズを超える場合は160サイズ扱い
  • 140サイズ以下の場合は実寸サイズ

という特例を元にした料金負担で利用できますから、梱包が必要になってしまう私が今回遭遇したハンドル故障以外では、そのまま素直にこの優遇を往路の発送で利用するのがおすすめです。

スーツケースを発送したいのですが、方法を教えてください。 | 各種サービス共通| ヤマト運輸
ヤマト運輸のよくあるご質問(FAQ)「Q:スーツケースを発送したいのですが、方法を教えてください。」

リモワスーツケースの修理ビフォー&アフター

修理が完了したリモワスーツケースは上の写真のようにダンボール箱に入れられた状態で届けられます。

この時、配達と代引での決済を担当するの佐川急便のセールスドライバーの方で、前述の通り、利用者が希望さえすれば、手数料負担無しでクレジットカードでの支払いも可能。

そのため、1円単位までお釣りのないようにあらかじめ現金を用意する手間を考えると、そのまま素直にクレジットカードでの代引き決済がお手軽でおすすめです。

ダンボール箱の中にはプチプチの梱包材で保護されたリモワスーツケース。

このダンボール箱は購入時の箱のようにスーツケースに対して全くサイズというわけではないものの、かなりぴったりなサイズですから、保管用や輸送用としてそのまま捨ててしまわずに活用するのも面白いかもしれません。

修理が行われたリモワスーツケースを確認して最初に気がつくのはやはりハンドルの変化。

修理後に新たに装着されたハンドルは、材質などの面で細かな違いはあるものの、サルサデラックスなどの上位モデルに近いデザインの曲線を描いたものに切り替わっています。

実際、修理前までに利用していたハンドルは写真右側に写っている全体的に角ばったもので、修理後のハンドルにはあるリモワのロゴがないといった違いもありますね。

また、修理の前後でそもそも利用している部品が異なり、結果的にハンドル自体の質感や長さも変化し、実際にスーツケースを引いた時の感触も別のものになっているため、感覚的に利用中は少し戸惑うかもしれません。

ただし、ハンドル自体の安定感や持ちやすさ、グリップ感などは格段に向上していますから、十数分ほど利用している間に慣れてしまうと、修理前の古いバージョンのハンドルを利用していた時よりも快適と感じる方も多いはずです。

まとめ

修理サービスがしっかりと使いやすいものとして用意されているリモワは長く愛用する製品としても十分な安心感を感じるものです。

確かに、今回利用したリモワクライアントサービス大阪限定で提供されている宅配修理サービスには、多少の注意点も含むデメリットは存在しているものの、故障したスーツケースを発送するだけで、自宅までそのまま届けてくれるという手軽さは間違いなく大きなメリット。

もちろん、直接訪れられる距離に最寄りの直接修理拠点がないという場合にも、リーズナブルな価格で修理が可能というリモワの特長を実際に体験可能な頼りにできるサービスですから、故障したリモワの修理を諦めて廃棄してしまう前に一度問い合わせてみるのもなかなかおすすめだと思いますよ。

コメント