ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)更新でポイントがもれなくもらえるホテル宿泊時の部屋付更新手続きの魅力

スポンサーリンク
広告ペース728×90




様々なホテルグループでは、宿泊回数の多い利用者を対象とした上級会員資格制度の他に、有料での入会や更新、維持が可能な優遇サービスも用意されています。

そんな優良サービスの中でも、我が家でも特に気に入っていて毎年欠かさず継続しているサービスが、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の魅力

このHPCJは日本国内や一部韓国のヒルトン系ホテルを対象としたサービスですから、それらの対象のホテルでは、

  • 宿泊費が通常のキャンセル可能料金から25%オフ
  • レストランでの飲食が10%から20%オフ
  • 更新で5,000円分の割引券2枚、合計10,000円分がもれなくプレゼント
  • 誕生日の前後1ヶ月間のレストラン利用で誕生日ケーキを無料プレゼント

といった、なかなかの充実を見せる特典が提供中。

実際、対象となるヒルトン系のホテルを一定回数以上利用する方にとっては間違いなくお得なものばかりです。

しかも、入会後1年間ヒルトン上級会員資格のうち、下から2番めのシルバーをプレゼントされるという嬉しいおまけも付いてきます。

そのため、これから国内を中心としたヒルトン系のホテルを利用する機会が増える見込みの方は、その前に忘れずに入会しておくのがおすすめなとてもお得な有料会員サービスなのは間違いありません。

対象者必見のヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の無料入会キャンペーン

そんなHPCJの最大の残念ポイントの1つが入会金の存在。

なぜなら、通常25,000円もの入会金を支払う必要があるから。

ただし、この入会金は最初の1年目だけで、2年目以降は10,000円の更新年会費の支払いだけで済むことに加え、更新手続き完了後には、前述の特典の中でも触れた5,000円分の割引券2枚、合計10,000円分がもれなくプレゼントされます。

そのため、毎年ヒルトン系ホテルの利用がある場合には、実質的には無料での更新が可能なサービスですから、特典の充実度に良い意味で見合わない継続コストのお得度から、コンスタントに継続し、そのまま愛用されている方も多いはず。

ちなみに、お得すぎる2年目以降の更新年会費に比べ、ハードルの高さを感じることの原因となる入会時に必要な25,000円もの入会金ですが、実は定期的にHPCJが提携している様々な会員サービスを対象として、一定の条件を満たした場合に、この入会金を割り引くキャンペーンが様々な開催されています。

例えば、クレジットカード会社や航空会社。

実際、JALでは、通常25,000円の年会費を10,000円に割り引いた上で、合計10,000円分の割引券をプレゼントするという実質入会無料キャンペーンが、JAL上級会員やJALの有料会員であるJAL CLUB EST会員を対象に開催中。

また、時期や提携会社によってキャンペーン内容は異なり、最も条件が良い場合には、完全無料でのHPCJ入会が可能な時もありました。

もちろん、こうした実質無料、あるいは完全無料でHPCJに入会した場合でも、更新時の年会費は割高になるといった弊害はなく、他の会員同様、10,000円の更新年会費負担+5,000円分の割引券2枚のもれなくプレゼントで実質無料で更新という条件に変わりはありません。

そのため、これからHPCJへの入会を考えているという方は、念の為、申し込みの前にそういったキャンペーンのうち、自分自身が利用できるものがないかの確認だけを行っておくのが本当におすすめです。

JALでは、到達難易度の高い順番に、 JMB ダイヤモンド JGC プレミア JMB サファイア JMB...

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの更新

そんなHPCJの更新は、

  • 更新年会費は税込み10,000円
  • 1年に1度、有効期限の3ヶ月前から手続き可能
  • 更新手続きはHPCJホームページ、またはHPCJ対象ホテルで対応
  • 更新手続完了の3~4週間で新しい会員カードや割引券が到着

といった条件で行うことになります。

ちなみに、入会時と同じように更新時にも、更新手続き完了後に表示される手続き完了画面を印刷し、そこに印刷されている新しい会員カードの画像をホテルなどで提示することで、HPCJのサービスや特典は問題なく利用可能です。

しかし、特典の中でも合計10,000円分の割引券については、新しい会員カードと一緒に更新手続き完了の3~4週間後に届けられますから、この割引券の実物が手元に届くまでの間、利用できないことだけは要注意ですね。


HPCJホームページでの更新よりもお得なHPCJ対象ホテルでの更新

HPCJの更新の中でも注目したいのは、

  • HPCJホームページ
  • ホテルのフロントデスク

というように、2種類用意された手続きの方法です。

もちろん、一般的にはHPCJのホームページからオンラインで更新手続きを完了する方法がお手軽で、最も基本となるのは間違いありません。

しかし、もし仮にHPCJの有効期限の3ヶ月前から始まる更新受付期間中に、HPCJの特典対象の日本国内にあるヒルトン系ホテルへと滞在する予定がある場合におすすめしたいのは圧倒的にホテルのフロントデスクでの更新手続きです。

なぜなら、ホテル滞在時のフロントデスクでのHPCJ更新手続きでは、更新年会費の部屋付での決済が可能になるから。

その結果、どんなことが起こるのかというと、10,000円のHPCJ更新年会費を含めた金額が滞在中の宿泊料金として扱われ、この総額のうち、税金やサービス料を除いた金額に対して、ヒルトンのポイントが付与されます。

こうして付与されたポイントは、

  • 税金やサービス料を除いた金額1USドルに対して10ポイント付与されるベースポイント
  • 上級会員資格ごとにベースポイントに対し20%~100%分が追加で付与されるボーナスポイント
  • 定期的に開催されるキャンペーンの条件を元に、ベースポイントに対して100%分~300%分付与されるキャンペーンボーナスポイント

などの合計ですが、いずれのボーナスポイントもベースポイントを元に計算される以上、ベースポイントを直接増やすHPCJの更新年会費の10,000円の存在はなかなか大きく、無駄にしてしまうにはもったいないものです。

実際、我が家でも、私と家族のそれぞれがHPCJに入会し、そのまま継続しているのですが、更新手続きは必ずホテルに宿泊した時に行うようにしています。


ホテルでのHPCJ更新手続きの方法

このように、HPCJのホームページで行うよりも、格段にお得で魅力のあるHPCJ対象ホテルでの更新手続きですが、実際の手続きはとても容易でスムーズなもの。

具体的には、

  • チェックインやチェックアウト、ホテル滞在中に時間のある時など、フロントデスクを訪れる
  • フロントデスクのスタッフに有効期限まで3ヶ月以内のHPCJのカードを提示し、ホテルでの更新手続きを宿泊中の部屋付で行いたいと伝える
  • すぐさま更新手続きを開始し、その手続きを完了したスタッフから更新完了画面が印刷された控えを受け取る
  • チェックアウト時に請求書に正しく「HPCJ 10,000」というような表示があることを確認する

といった手順になります。

また、部屋付でのHPCJ更新手続きを依頼する場合、ヒルトンのポイントが付与されないリスクもあると案内されることもありますが、これまでの更新ではもれなく付与され、あまり心配する必要はないと感じています。

一方で、仮に今後のシステムやルールの変更でポイントが付与されなくなった場合でも、元々HPCJのホームページでの更新手続きではポイントが付与される見込みはなかったわけですから、念の為、ポイント付与の可能性のあるホテルでの更新手続きにチャレンジしてみるのが、お得度から見てもおすすめ。

ちなみに、ホテルでの更新手続きは、予約を行った会員本人だけではなく、それ以外の同行者などに対する更新手続きも問題なく部屋付受け付けてもらえます。

そのため、有効期限と宿泊のタイミングによっては、予約を行った代表者となる会員のHPCJ更新はもちろん、家族などのHPCJの更新も同様に、せっかくのポイント獲得のチャンスとしてしっかり活かすこともできるのは嬉しいですね。

まとめ

国内を中心としたヒルトン系のホテルの利用で絶大なお得度を発揮してくれる有料会員サービス、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)。

確かに、入会時には通常25,000円にも及ぶ入会金は大きなネックですが、幸運にも様々な場面で継続的に開催されている入会金割引キャンペーンを活用できるのであれば、その後の更新年会費が実質無料なことを考えると、信じられないような特典が得られる有料会員サービスなのは間違いありません。

また、更新手続自体もお手軽なHPCJのホームページではなく、ポイント付与での還元が期待できるホテル宿泊時の部屋付での手続きを行う場合、そのお得度はさらに高くなるのもHPCJ継続の嬉しい楽しみの1つです。

確かに、ヒルトン系のホテルを定期的に利用する場合に最大の効果を発揮する有料のサービスですから、誰にでもおすすめできるものではないものの、これからヒルトン系のホテルでのホテルステイが気になっているという方は、入会を検討してみるだけの価値があると思いますよ。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする