JAL上位ステイタスに必要なFOP獲得後の表示変化と特典提供開始のタイミング(ラウンジ・ボーナスマイル、ダイヤモンド・JGCプレミア・サファイア切り替え必要日数、JGC申し込み)

スポンサーリンク
広告ペース728×90




JALが提供する上級会員資格獲得には、有償の搭乗でのみ積算される専用のポイント、フライオンポイント(FOP)を貯める必要があります。

JALでは今現在達成自体が難しい順番に上から、

  • JMB ダイヤモンド
  • JGC プレミア
  • JMB サファイア
  • JMB クリスタル

という4つのステイタスを用意され、1月1日から12月31日までの搭乗分のFOPの合計数に応じて、翌年1月1日から翌々年の3月31日までに提供される上級会員資格が決定されています。

早くから提供が開始される上級会員特典のファーストサービスとセカンドサービス

とは言え、FOPを獲得し、上級会員資格に必要な合計FOP数に到達した場合、実際には翌年の1月1日を待たずに、該当する上級会員資格は利用可能。

これは、上級会員資格用のファーストサービスと呼ばれるもので、ステイタスの条件達成後約1週間後から提供開始。

これには、専用デスクの利用(電話料金や混雑時の繋がりやすさの優遇あり)、キャンセル待ちや座席指定の優遇、特別な特典航空券の提供、予約受付開始時期の優遇、マイル加算率アップなど、主に予約に関するサービスが含まれています。

その後、実際にステイタスカードが手元に届けられるステイタス達成後約2~3週間後から提供されるのがセカンドサービス。

これには、チェックインや預入荷物の扱い、保安検査、優先搭乗、ラウンジの利用など、主に空港での快適な利用に関するサービスが含まれています。

つまり、上級会員資格の条件達成でファーストサービスとセカンドサービスが提供されるものの、すぐに提供されるものではなく、ステイタス達成から最大で3週間ほど待つ必要があると、JALホームページ上などでは案内されている状況です。

本当のファーストサービスとセカンドサービスの提供開始時期

しかし、実際には思っているよりもずっと早くに様々な上級会員用の特典は利用可能になります。

例えば、ファーストサービスに含まれるマイル加算率のアップは、ステイタスに必要なFOPが反映された翌日にステイタスの表示が変更された時にはもうすでに対象になっています。

また、ラウンジの利用についても、ステイタスに必要なFOPが反映された翌日にステイタスの表示が変更されたタイミング・・・にはさすがに利用できないものの、その翌日には利用出来るようになるなど、ファーストサービスの1週間後、セカンドサービスの約2~3週間というあまりに余裕を持った状態で案内された必要期間という結果に。

少なくとも航空券予約時などに上級会員資格を持ち合わせているお得意様番号を登録し、それが搭乗券上に反映されているのならすぐにラウンジが利用できるため、JALホームページ上などで説明しているように、ステイタスカードの到着を待つ必要は全くありません。

FOP積算からカード到着までに利用できる特典と利用できない特典

そんな状況で気になるのは、どの上級会員用の特典がどのタイミングで利用できるようになるのかということ。

そこで、クリスタルからサファイア、サファイアからダイヤモンドというようなステイタスの切り替えで、ステイタス達成に必要なFOP加算直後を1日目とした時の、実際のタイミングごとにステイタス表示や提供されている特典の有無をまとめてみたのが下の結果です。

必要なFOP加算直後(1日目)~ステイタス表示切り替え直前(1日目の日付が変わる直前)

  • ステイタス表示の変更:☓
  • マイル加算率のアップ:☓
  • JGC申し込み(サファイア達成時のみ):☓
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:☓
  • 優先搭乗:☓
  • ラウンジ利用:☓
  • ステイタスカード到着:☓

ステイタス表示切り替え直後(2日目に日付が変わった直後)~搭乗券表示切り替え直前(3日目15時30分頃より前)

  • ステイタス表示の変更:○
  • マイル加算率のアップ:○
  • JGC申し込み(サファイア達成時のみ):○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:☓
  • 優先搭乗:☓
  • ラウンジ利用:☓
  • ステイタスカード到着:☓

搭乗券表示切り替え後(3日目15時30分頃より後)~9日目

  • ステイタス表示の変更:○
  • マイル加算率のアップ:○
  • JGC申し込み(サファイア達成時のみ):○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:○
  • 優先搭乗:○
  • ラウンジ利用:○
  • ステイタスカード到着:☓

10日目以降

  • ステイタス表示の変更:○
  • マイル加算率のアップ:○
  • JGC申し込み(サファイア達成時のみ):○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:○
  • ラウンジ利用:○
  • ステイタスカード到着:○

この結果から、必要なFOP加算が加算がされた翌々日、つまりFOP加算を1日目とした時の3日目にはすでにラウンジ利用を含め、大半の特典を利用できることが分かります。

ちなみに、一見不要なように思えるステイタスカードも、JALのお得意様番号を登録せずに他の航空会社の会員番号を登録した状態でワンワールド運航便を利用する時に、ラウンジ利用や優先搭乗などの特典を活用するといった少し変わった使い方のために必要ですから、全く不要というわけではありません。

上級会員資格を活かした状態で予約して、そのまま搭乗するような一般的な利用方法ではステイタスカードなしでも問題なくサービスが利用できるだけと考えるべきですね。

JGC申し込みとその後の反映やカードお届けに必要な日数

これ以外にも、サファイア達成後のJGC申し込みとその後の反映や実際のカードお届けも気になるかもしれません。

これについては、MyJALCARD上でオンラインでのJGC申し込みを行った日を1日目とした場合、

JGC申し込み1日目:

  • ステイタス表示の変更:☓
  • マイル加算率のアップ:☓
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:☓
  • 優先搭乗:☓
  • ラウンジ利用:☓
  • JGCカード到着:☓

JGC申し込み6日目:

  • ステイタス表示の変更:○
  • マイル加算率のアップ:○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:☓
  • 優先搭乗:☓
  • ラウンジ利用:☓
  • JGCカード到着:☓

JGC申し込み7日目:

  • ステイタス表示の変更:○
  • マイル加算率のアップ:○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:○
  • 優先搭乗:○
  • ラウンジ利用:○
  • JGCカード到着:☓

JGC申し込み12日目:

  • ステイタス表示の変更:○
  • マイル加算率のアップ:○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:○
  • 優先搭乗:○
  • ラウンジ利用:○
  • JGCカード到着:○

という結果になっていて、申し込みから6日が経過した7日目には、家族会員を含め、ラウンジ利用などの主要なJGCとしての特典が活用できることに。

確かに、FOP加算の翌々日にはほとんどの特典が利用可能になるステイタスの切り替えに比べると時間を要するものの、手続きの途中でクレジットカードの発行も必要なことを意外に早く感じられますね。

多くの航空会社には、利用者の搭乗実績に応じた特別なサービスを提供するための基盤として、上級会員制度が提供されています。 それは...
多くの航空会社で用意されている搭乗実績に応じた特別なサービスを利用者に提供する上級会員制度。 JALも例外ではなく、1月1日か...

JGCプレミアへの切り替えと国際線Wi-Fi無料キャンペーンのプロモーションコード到着の必要日数

また、少し変わったものの切り替えや反映に必要な日数としてはJGCプレミア切り替え、国際線Wi-Fi無料キャンペーンなどの反映必要日数も目安だけでも知っておくと役立つことがあるかもしれません。

JGCプレミアの場合は、JGCに加入した状態でステイタス達成に必要なFOP加算直後を1日目とした時、

条件達成1日目:

  • ステイタス表示の変更:☓
  • JGCプレミア限定キャンペーン申し込み:☓
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:☓
  • 優先搭乗:☓
  • ラウンジ利用:☓
  • JGCプレミアカード到着:☓

条件達成2日目:

  • ステイタス表示の変更:○
  • JGCプレミア限定キャンペーン申し込み:○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:☓
  • 優先搭乗:☓
  • ラウンジ利用:☓
  • JGCプレミアカード到着:☓

条件達成3日目:

  • ステイタス表示の変更:○
  • JGCプレミア限定キャンペーン申し込み:○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:○
  • 優先搭乗:○
  • ラウンジ利用:○
  • JGCプレミアカード到着:☓

条件達成16日目:

  • ステイタス表示の変更:○
  • JGCプレミア限定キャンペーン申し込み:○
  • 搭乗券上のステイタス表示変更:○
  • 優先搭乗:○
  • ラウンジ利用:○
  • JGCプレミアカード到着:○

となっていて、こちらは完全に他のステイタス切り替えと同様のタイミングで切り替えが行なわれていて、条件を達成した翌々日にはほとんどすべての特典が利用可能です。

さらに、おまけとして国際線Wi-Fi無料キャンペーンの申し込みから実際にプロモーションコードが指定したメールアドレスに届くまでの必要日数ですが、こちらは申し込みから2日後には届くなど、かなり仕事が早いため、プロモーションコード発行を急いでいる時には嬉しいですね。

多くの航空会社で提供されている上級会員制度。 JALも例外ではなく、利用者の搭乗実績に応じた特別なサービスを提供するための基準...

まとめ

FOPを加算することでしか獲得できないJALの上級会員資格は、それぞれのステイタスごとに得られる特典の違いは想像以上に大きく異なるものになっています。

そのため、近い時期の利用が続く場合、どのタイミングでどのステイタスの特典が利用できるのかで、利用できるラウンジや優先搭乗の順番はもちろん、搭乗後に得られるマイル数が元々想定していたものから、大きく変動してしまう可能性も。

とは言え、ステイタスの切り替え時の特典提供開始のタイミングにははっきりとしたルールが存在していますから、それをあらかじめ簡単にでも理解しておくことで、不安や疑問を感じることもなく、事前に考えていた通りの搭乗であったり、その後のマイル獲得が実現する大きな助けになってくれると思いますよ。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする