JAL国際線の予約受付開始日が330日前から360日前に変更される2019年4月1日に起こりうる大変動(変更の内容、メリットは一度に大量開放される特典航空券、繁忙期の予約で避けられないデメリット、335日前から予約可能だったメタル会員特典の今後)

Advertisements

JALマイルの活用方法として、最も魅力的な国際線特典航空券の予約・発券。

しかし、ゴールデンウィークや夏休み、冬休みといった繁忙期の時期に、ファーストクラスやビジネスクラスといった上位のキャビンクラスを特典航空券で利用するというのは至難の業。

そのため、330日前に設定されたJALの国際線特典航空券予約受付開始日には、希望する目的地やキャビンクラスのチケットを巡って、まさに争奪戦といった様相の競争が多くの参加者によって繰り広げられてきました。

JAL国際線ファーストクラスをJAL国際線特典航空券で予約するための可能な限り具体的な戦略&テクニックの全て
日本を代表する航空会社の1つ、JAL。 そのJALが提供するサービスの中で最も妥協のない理想に近い存在は何かと問われたのなら、それは間違いなく国際線ファーストクラスです。 実際、JALの国際線ファーストクラスでは、 ...
JMB提携航空会社特典航空券予約のための繁忙期専用テクニックと事前チェックリスト(予約先航空会社の運航便ラインナップ・燃油サーチャージ・予約受付開始日と直前の空席情報、いざという時のJAL国際線特典航空券とJALメタル会員対策)
様々な航空会社がアライアンスをはじめとした協力関係を構築し、様々な部分でのサービスの共有とそれに伴う効率化に突き進んでいる現在、マイルを利用して予約と発券を行う特典航空券の世界でも似たようなことが起こっています。 というのも、...

330日前から360日前に予約受付開始日が変更

そんなJALマイルを活用してきた利用者にとっては気になる存在だった330日前の予約受付開始日ですが、2019年4月1日から、大きな変更が加えられることになりました。

その変更とは、

  • 予約受付開始日がこれまでの330日前から360日前に延長(合計30日間の前倒し)
  • 対象は、有償のJAL国際線航空券、マイル利用のJAL国際線特典航空券、マイル利用の提携航空会社航空券(ワンワールド特典航空券含む)
  • JAL国内線の中でも、24時間以内で国際線に接続するものも360日前からの予約の対象
  • 提携航空会社特典航空券の利用では、最大360日前から予約できるものの、各航空会社の予約受付開始日が優先
  • 2019年4月1日(月)から実施

というもの。

この変更によって、これまでよりも30日間も早く予約が可能になり、より早い時期に予定を確定できるようになりました。

また、同じワンワールド内でも、330日よりも早い約1年前時期から予約の受付を開始していた他の航空会社とも予約受付開始タイミングでの足並みが揃えられるようになるのも嬉しいメリット。

なぜなら、ワンワールド特典航空券のように、他社運航便との組み合わせを前提とした特典航空券でも、これまでのJALのような最も予約受付開始日が遅い航空会社を待つことなく、多くの航空会社の予約受付開始直後のタイミングで手続きが完了できるというメリットが得られるようになるから。

国際線予約受付開始日の変更について - JAL国際線

注目は予約受付開始日変更で一斉&大量に受付開始される特典航空券

こうした予約受付開始日の変更で最も重視したいのは、一度に開放される大量の特典航空券の存在です。

というのも、特典航空券の座席は通常それぞれの日が330日になる度に1日分ずつ開放されるのですが、30日分もの前倒しが一度に行われる2019年4月1日には、前倒し分を含め、31日分も一度に開放されることになるから。

具体的には、

  • 2019年3月30日午前10時予約受付開始 → 2020年2月23日まで(1日分追加)
  • 2019年3月31日午前10時予約受付開始 → 2020年2月24日まで(1日分追加)
  • 2019年4月1日午前10時予約受付開始 → 2020年2月25日~3月26日まで(31日分追加)

という形で特典航空券の予約受付が開始されるため、2019年2月25日から3月26日までの31日間分の予約難易度は1日分ずつ追加されている時よりも格段低下することが予想されます。

もちろん、特に予約が困難になるゴールデンウィークや夏休み、冬休みといった繁忙期ではないものの、学生さんの春休みや卒業旅行などの多少混雑する時期に重なりますから、こうした形で予約が用意になるというのは嬉しいと感じるポイントです。

JALホームページでJAL国際線特典航空券を予約するデメリットと電話窓口を利用する最大の理由(予約できない乗り継ぎを含む旅程、隠された空席枠問題、電話窓口利用時の手数料負担と免除条件、最大の難敵となる電話窓口の混雑とその対策)
我が家のJAL国際線特典航空券の利用で特に重要な役割を担っている存在の1つが電話での予約手続き。 というのも、JAL自体は2017年11月に大規模な予約システムの刷新を実施したものの、その前後で多少の内容や傾向に違いがあるとは...
JAL国際線特典航空券 電話予約 330日前の争奪戦対策と注意点
繁忙期でも確実性が高い特典航空券の電話予約 ゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどの繁忙期を含め、希望したタイミングにJALマイルを利用した国際線特典航空券をできるだけ確実に予約したいのであれば、おすすめできる方法はただ1つ。 ...

約1年先の特典航空券を360日前に決めるデメリット

こうして、多くのメリットをもたらす予約受付開始日の360日前への変更ですが、繁忙期の特典航空券の争奪戦に参加する場合に、少しだけ気をつけたいデメリットも存在しています。

そのデメリットの1つが、これまでよりも30日も早く約1年先の予定を決める必要があるというもの。

この「これまでよりも30日も早く約1年先の予定を決める必要がある」というのは、予約受付開始日が330日前から360日前に変更されることで、これまでよりもさらに30日も早いタイミングで、360日という約1年も先の予定を決めなくてはいけないということです。

実際、私自身、現在の330日前の予約でさえ、その旅行がかなり先のことに感じられ、直前のスケジュール調整の心配は尽きることはなかったのですが、360日前への変更後には、そこからさらに30日間も先の旅行の予約となるわけですから、急な予定の変更によるキャンセルのリスクも増加してしまうのは避けられません。

とは言え、競争率の高い繁忙期の予約を確保するためには、我が家を含め、これまでも1年先の予定がはっきりと確定してるとは言えない状況で予約手続きを行っていたという方も多いはず。

また、特典航空券の場合、1冊につき3,100円という安価な手数料の負担でのキャンセルが可能ですから、約1年先で予定が確定していない状態で争奪戦へ参加するリスクを最低限に抑えられるのは嬉しいポイントかも知れませんね。

繁忙期のリピート利用に大きな改悪

我が家のように、ゴールデンウィークや夏休み、冬休みといった繁忙期の予約を毎年繰り返す場合、予約受付開始日が360日前に変更されるのは大きな改悪となる可能性があります。

というのも、これまでの330日前の予約受付開始では、繁忙期の旅行からの帰宅から約1ヶ月に次の年の同じ繁忙期の予約を行うというスケジュールだったものが、360日前の予約受付開始に変更された後には、繁忙期の旅行中に次の年の同じ繁忙期の予約を行わなくてはいけないケースも出てくるから。

具体的に、年末年始の2020年12月28日から翌年2021年1月3日までの8日間程の旅程での予約を、330日前と360日前での予約受付開始日を比べてみると、

330日前

  • 2021年12月28日分 → 2021年2月1日予約受付開始
  • 2022年1月3日分 → 2021年2月7日予約受付開始

360日前

  • 2021年12月28日分 → 2021年1月2日予約受付開始
  • 2022年1月3日分 → 2021年1月8日予約受付開始

となっていて、330日前の方では繁忙期から大きく外れる一方、360日前の予約では旅行日数によって旅行を終える前に予約の受付が開始されるため、影響を受けてしまう可能性があることが分かります。

もちろん、海外を訪れている時でも、JALホームページにアクセスした上でインターネットでの予約・発券の手続きを行ったり、あるいは、国際電話で日本の電話予約デスクにアクセスし、担当のオペレーターの方に予約・発券の手続きをお願いしたりといったことは可能ですが、回線速度や通話品質などの面で、万全な状態での挑戦は難しく、どこか落ち着かないというのが正直な部分。

また、ゆったりと過ごしたいはずの旅行中に、確保するまでは安心できず、どうしてもドキドキしてしまう特典航空券の争奪戦への参加は、できることなら避けたいイベントの1つです。

そう考えると、今回の変更は、毎年繁忙期の決まった時期に予約を繰り返してきた利用者にとって、予約の戦略や考え方の切り替えを迫る重要なきっかけになりそうですね。


335日前から予約可能だったメタル会員への優遇特典の今後

こうした変化をもたらす360日前からの予約受付開始ですが、気になっていることの1つが、メタル会員への優遇の今後です。

このメタル会員というのは、JALの上級会員の中でも、よりJALへの貢献が大きいとされる会員に与えられるJMBダイヤモンドよりも上位に位置づけられる上級会員ステイタスで、これまでは通常の国際線の予約受付開始日よりも5日早い、335日前からの予約が可能な特典が提供されてきました。

しかし、今回の予約受付開始日の変更では、メタル会員向けに提供されていた335日前よりもさらに早い360日前からの予約受付開始となった以上、これまでの優遇特典のままでは、そのメリットが完全に失われてしまうことに。

ただ、こうしてJAL側の都合によるシステム変更で、メタル会員向けの優遇特典が純粋に減ってしまうというのは考えにくいものですから、個人的には、これまでと同様に通常の予約受付開始日よりも5日、あるいは少なくとも3日早いタイミングで予約受付が開始され、363日前から365日前というタイミングでの先行予約受付開始がメタル会員限定の優遇特典として、2019年度が新たに始まる4月1日から新サービスとして提供されるのではないかと予想しています。

つまり、メタル会員による先行予約によって、360日前の予約受付開始直後にJAL国際線航空券などの予約を行っても、すでに空席が全く残っていないというリスクは、これまでと大きく変わるものではないと考えておいたほうが、あらかじめ第二希望を含めたプランBが用意できる意味でもおすすめかもしれません。

2018年12月のJAL国際線特典航空券PLUS導入までに激変するJAL特典航空券予約スケジュールの変更と改悪のまとめ(335日前からの予約スケジュール、キャンセル待ち&予約変更消滅の意味、当日発券もこっそり廃止で改悪、不安な直前期開放発券の今後)
貯めたマイルを特典航空券の予約として活用する場合、最も警戒を要するのは間違いなく改悪というルール変更の存在。 なぜなら、改悪によって特典航空券の予約に必要マイルが大きく増加されることはもちろん、特典航空券としての利用可能な特長...
JAL特典航空券 予約スケジュール まとめ(335日前から出発直前まで)
マイルは貯めるよりも特典航空券として有効活用することの方が難しいとされる最大の理由は、やはり特典航空券として提供される座席数が大きく制限されていること。 そのため、ゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどの繁忙期の時期に...

まとめ

330日前から360日前へと大きく変貌することになる、特典航空券を含むJAL国際線航空券の予約受付開始日の変更。

この変更によって、より早いタイミングで予約が完了できるのはもちろん、実際に実施される2019年4月1日には、通常よりも多くの特典航空券が一度に開放されるため、貴重な予約・発券のチャンスになるなど、様々なメリットが得られるはず。

ただし、メリットだけではなく、毎年同じ繁忙期に旅行を楽しんでいる場合には、次の年の同じ繁忙期の予約争奪戦が旅行を終える前に始まってしまう可能性もあるなどのデメリットが存在しているのも、この変更について注意が必要なポイントかもしれません。

コメント