リニューアルオープン後の成田空港新JALファーストクラスラウンジの新サービスの特長と楽しみ方(リニューアルの内容と工事完了時期、インテリア、JAL’s Table・ラーメンメニュー・鮨 鶴亭の魅力、靴磨きサービスから読み解く秋以降の新ラウンジの全体像)

JALが用意するラウンジの中でも最上級に位置するファーストクラスラウンジ。

JALの場合、世界中を見ても、

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • フランクフルト空港

のわずか3ヶ所にのみの設置に設置され、利用者はそこで出発までに快適な時間を過ごすための様々なサービスを楽しむことが可能になっています。

JALファーストクラスラウンジの魅力と楽しみ方(入室条件、羽田空港の鉄板焼き、成田空港の寿司バー、特別な時期限定のローランペリエグランシエクル、廃止された有人マッサージ、サクララウンジとのシャワールーム対決、新刊本&試供品の無料プレゼント)

2019年4月1日の成田空港の新JALファーストクラスラウンジのリニューアルオープン

そんなファーストクラスラウンジサービスが提供されているJALの拠点空港の1つ、成田空港では、2018年11月から2019年秋頃の約1年に渡って、とても大規模なリニューアル工事が行われています。

その工事は、あまりの規模の大きさのため、利用者への影響を最小限に抑えた状態での営業を行う目的で、

  • 第一期工事:2018年11月1日~2019年春頃
  • 第二期工事:2019年春頃~秋頃

というように、2つの時期に分けて、それぞれ別々の場所の工事を行うという計画が採用されているほど。

そうした計画に沿って行われている成田空港のJALファーストクラスラウンジのリニューアルですが、2019年3月31日までに第一期工事が終了することに伴い、その工事の目的となっていた本館4階の新しいファーストクラスラウンジが4月1日にリニューアルオープンすることが正式に決定しました。

成田空港国際線JALファーストクラスラウンジをリニューアル | プレスリリース | JAL企業サイト
運賃情報や決算情報、経営やサービス全般に関わる情報などがご覧いただける、JAL(日本航空)のプレスリリースです。

成田空港の新JALファーストクラスラウンジのインテリア

こうしてリニューアル後のサービス提供が開始される新JALファーストクラスラウンジですが、採用されるインテリアとしては、これまでJALの国内線と国際線のラウンジにおけるリニューアルを継続的に手がけてきた経験を持つ、インテリアデザイナーの小坂竜氏が引き続き担当。

そのため、ここ数年の間にリニューアルが行われた那覇空港のダイヤモンド・プレミアラウンジをはじめとした最新ラウンジと同じ「モダンジャパニーズ」の方向性を持つラウンジとして、成田空港のJALファーストクラスラウンジも生まれ変わることになります。

その結果、同じく小坂竜氏が担当した羽田空港のJALファーストクラスラウンジとも、似たようなインテリアによる統一感を感じながら利用できるのも、嬉しいと感じる方の多いポイントになるかも知れません。

JAL 那覇空港ダイヤモンドプレミアラウンジ(オープン初日の様子と限定記念品プレゼント、アクセスと営業時間、ラウンジインテリア、オリオンビール&泡盛などのアルコール、JALカレーパンなどの軽食)

成田空港本館4階のJALファーストクラスラウンジで提供される新しいサービス

そんな成田空港の新JALファーストクラスラウンジですが、気になることと言えば、どんな新しいサービスが今回のリニューアルを期に提供されるようになるのかということ。

その内容については、すでに概要が案内されていて、

  • セットメニューが提供されるJAL’s Tableの導入
  • 作りたてで提供される料理に2種類のラーメンメニューが追加
  • 握り寿司専用のカウンター「鮨 鶴亭」の営業開始

といったラインナップになることが決定されています。

いずれも、ラウンジ内で提供される料理に関わるサービスの向上を狙った内容になっているのが面白いですね。

セットメニューが提供されるJAL’s Tableの導入

これまでのJALファーストクラスラウンジでは、羽田空港の鉄板焼きと成田空港の寿司バーといったライブキッチンで提供されるできたての料理以外は、ビュッフェスタイルで用意され、利用者自身が好きなものをとって楽しむ形で提供されていました。

しかし、成田空港の新JALファーストクラスラウンジでは、新たにサービスの開始されるJAL’s Tableとして、

  • 「和御膳」
  • 「サラダプレート」
  • 「サンドイッチプレート」
  • 「パスタプレート」
  • 「ミートプレート」

といった異なるコンセプトでまとめられたセットメニューを専用のカウンターでスタッフの方に取り分けてもらう形で提供されるサービスが開始されることになります。

このJAL’s Tableの導入によって、これまでのように料理を取り分けるためにビュッフェ台に並んだり、その際の盛り付けに悩んだりといった一手間は大きく軽減され、手軽にJAL’s Tableのカウンターで希望するセットを注文するだけで好きな料理を楽しめるのは嬉しいポイント。

一方で、JALホームページ上で掲載されているメニューの例では、上の画像の和御膳(朝)に注目しても、

  • 玉子焼き
  • さば塩焼き
  • 明太子
  • (海苔やひじきの)煮物
  • (野菜の)おひたし

といったこれまでのJALファーストクラスラウンジでも提供されていた料理や食材がセットとして1つのお膳やお皿、プレートに盛り付けられていますから、残念ながらJAL’s Tableの導入が料理品質の大きな向上をもたらすものではないはずです。

しかし、JAL’s Tableで提供されるラインナップ内の料理や食材で十分と感じるのであれば、これまでにはない気楽さと快適性でJALファーストクラスラウンジでの食事を楽しめるようになるという意味で大きな改善だと感じています。

作りたてで提供される料理に2種類のラーメンメニューが追加

JAL’s Tableと同じ様に、全く新たに追加される料理関係のサービスが、人気ラーメン店とコラボレーションしたものを含めた作りたてのラーメンの提供です。

それも、現時点では、東京のラーメン店の阿夫利が監修した「AFURI(阿夫利)柚子塩らーめん」と、JALオリジナルの「JAL特製豚骨ラーメン」の2種類が提供され、好きなラーメンを楽しめるようになることが予定されています。

こうして人気店監修ラーメンも含むのはもちろん、複数のラーメンが用意されるとなると、今後のアレンジやテコ入れとしては、監修先の変更や期間限定でのコラボレーションメニューの追加などのラーメンサービス自体の変化が楽しめそうですね。

実際、JAL国際線のファーストクラスや(一部の例外を除く)ビジネスクラスでは、カップラーメンではない、有名店との提携やJALオリジナルとして、少し高品質なタイプのラーメンが提供中。

しかも、機内での提供にも関わらず、十分な品質とホッとする味わいから好評なサービスとなっていますから、新JALファーストクラスラウンジで提供されるラーメンもなかなかの好印象で受け入れられると予想しています。


握り寿司専用のカウンター「鮨 鶴亭」の営業開始

JAL’s Tableやラーメンメニューのように完全に新規のサービスというわけではないものの、これまで、成田空港JALファーストクラスラウンジの特長的なサービスとして提供されてきた握りたての寿司が楽しめる寿司バーサービスも、今回のリニューアルでは、専用のカウンターの備えられた「鮨 鶴亭」として生まれ変わることになりました。

これまで利用されてきた寿司バーは、あくまで元々カクテルなどのアルコールなどを振る舞うためのバーカウンターとして設置されたものですから、それを寿司を提供するカウンターとして利用するためには、寿司職人の方々に様々な苦労や負担を強いてきたのかもしれません。

それが、新たに寿司専用のカウンターが用意されるわけですから、より機能的な寿司サービスが「鮨 鶴亭」の営業開始と共に提供されるはずです。

ちなみに、こうしたサービスの刷新が行われると、利用者側への恩恵も期待してしまうのですが、リニューアル後に提供される寿司ねたのラインナップとしては、

  • 4月1日~4月3日 :中トロ・ヤリイカ・タマゴ
  • 4月4日~4月10日 :天然ヒラメ・赤海老・太巻き
  • 4月11日~4月17日 :マグロ天身・銀鮭・タマゴ
  • 4月18日~4月24日 :中トロ・ヤリイカ・タマゴ
  • 4月25日~5月1日 :マグロ天身・キス昆布締め・タマゴ

となっていることから、これまで通り、3種類ずつの限られた種類のねたの提供の留まり、それらが週替りで変更されていく形式というのは変わらないことがわかっています。

ジョンロブの靴磨きサービスから読み解く第二期工事以降のJALファーストクラスラウンジの姿

サービスとしての新規追加や変更がある、

  • JAL’s Table
  • ラーメンメニュー
  • 鮨 鶴亭

のような食事に関するものではないものの、JALファーストクラスラウンジ限定で提供されている靴磨きも、サービスとしての内容に変化はないものの、少しだけ変更点が設けられているのは要注意です。

というのも、これまで寿司バーと共にサービスが提供されてきた成田空港本館3階のJALファーストクラスラウンジが4月1日から第二期工事の対象になることで閉鎖されるため、一時的に4階のリニューアルオープンされる新JALファーストクラスラウンジに移転した上でサービスの提供が行われるから。

逆に考えると、2019年秋の第二期工事終了までの時期には、4階の新JALファーストクラスラウンジ内で、

  • JAL’s Table
  • ラーメンメニュー
  • 鮨 鶴亭
  • 靴磨き

といったファーストクラスラウンジ限定のすべてのサービスが利用できる一方で、2019年秋の第二期工事完了後は、

  • 靴磨きは3階
  • 食事関係のサービスは4階

というように、階やエリアごとに異なる特性を持ったラウンジが完成するということが分かりますね。

また、リニューアル前もリニューアル後も、成田空港本館4階にはシャワールームが設けられていないため、第二期工事で3階のJALファーストクラスラウンジが工事されている期間中は、2階サクララウンジのシャワールームを利用する必要があるだけではなく、第二期工事完了で3階に新しいシャワールームが完成した後も、食事サービスを楽しむためには4階、シャワーサービスを利用するためには3階というように、利用サービスごとにエスカレーターやエレベーター、階段での移動が不可避ということも確定しています。

実際、成田空港の本館3階のラウンジ入口を入ってすぐ左の場所には、もう既に新たにエレベーターが新設される工事が行われていることからも、JALがそうした需要の増加を見込んでいることが窺えますね。

まとめ

新世代のファーストクラスラウンジとして、その目指す方向性が明らかになった、成田空港のリニューアルを経た新JALファーストクラスラウンジ。

個人的には、羽田空港とのサービスに差がつくことになり、今後、羽田空港でも同様の改善が行われるのか、それとも羽田空港と成田空港とで、同じJALファーストクラスラウンジでも、異なる個性を与えることが決まったのか、とても気になるのも正直な部分です。

とは言え、新しいラウンジでは快適なサービスが提供されるようになるのは間違いありませんから、2019年4月のリニューアルオープンはもちろん、同じ年の秋頃の完全なリニューアル工事完了後にも、生まれ変わったJALファーストクラスラウンジを利用するのがとても楽しみなのは間違いありません。

コメント