JMBダイヤモンド、JGCプレミア、ワンワールドエメラルドなのにJALファーストクラスラウンジが利用拒否されるトラブルの原因と影響、対策

JALが有償での搭乗による到達難易度が難しい順番に用意している、

  • JMBダイヤモンド
  • JGCプレミア
  • JMBサファイア
  • JMBクリスタル

という4つの上級会員ステイタス。

その中でも、上から2つとなるJMBダイヤモンドとJGCプレミアには、ワンワールドエメラルドとしてのステイタスが同時に付与され、それ以外の上級会員ステイタスにはない、ファーストクラスラウンジへのアクセスという特典が提供されるようになります。

その結果、JALが運営するJALファーストクラスラウンジはもちろん、それ以外のワンワールドに加盟する航空会社運営のファーストクラスラウンジも利用可能になりますから、飛行機に搭乗する前の空港を訪れたタイミングから、より上質で快適な記憶に残る旅を楽しめるようになるのは間違いありません。

正月元旦限定のJALファーストクラスラウンジの新春特別サービス(JALロゴ入の祝枡、おせち料理、完売必至の厚岸ウイスキー、ファーストクラスシャンパン・ローランペリエ グランシェクルの飲み比べ、JAL特製おみくじ&年賀状、無料の新刊本プレゼント)
成田空港JALファーストクラスラウンジ寿司バーの美味しい楽しみ方(寿司バーの利用条件と営業時間、サービス内容、好みに合わせたおすすめアレンジ、寿司ねたの秘密、羽田空港の寿司サービスとの違い)

ワンワールドエメラルドなのにJALファーストクラスラウンジにアクセスできない利用拒否トラブル

そのようにしてファーストクラスラウンジが利用できるJMBダイヤモンドやJGCプレミアを含めたワンワールドエメラルドですが、とある2つの条件を満たすと、JALのファーストクラスラウンジの利用を拒否されてしまうという恐ろしいトラブルに巻き込まれてしまうリスクがあります。

その条件というのは、

  • 成田空港第2ターミナルを利用する
  • JAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空以外の便名の便を利用する

という2つ。

つまり、

  • 成田空港ではなく羽田空港から出発する
  • 成田空港でもJALが運航するJAL便名の便を利用する
  • 成田空港のJAL便名以外の便でもブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空の便名の便を利用する
  • 成田空港でもJAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空以外の航空会社が運航する他社運航の便でもJAL便名で予約した便を利用する

という状況では、このトラブルに巻き込まれません。

しかし、逆に、

  • 成田空港からJAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空以外の他社便名の便を利用する
  • 成田空港からJALが運航するブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空以外の他社便名の便を利用する

といった状況では、しっかりとJALファーストクラスラウンジの利用拒否の対象になってしまうので要注意です。

実際、成田空港からは、通常のルールでは問題なくJALファーストクラスラウンジが利用できるはずの、

  • アメリカン航空
  • キャセイパシフィック航空
  • カンタス航空
  • フィンエアー
  • イベリア航空
  • マレーシア航空
  • S7航空
  • スリランカ航空

といったワンワールドに加盟する航空会社の便が運航されていますから、JALファーストクラスラウンジを利用を希望する場合に、うっかりこれらの会社の便名で予約してしまわないように注意が必要ですね。

JAL JMBダイヤモンド到達ビフォー&アフター(高い搭乗時のお得度、インボラアップグレード前提予約、とりあえずキャンセル待ち、マイル&eJALポイントの高還元、旅行頻度増加とダイヤモンド維持難易度変化、他社移行ではなく10万FOPを超えてもJAL)
JALインボランタリーアップグレードを少し本気で狙うための方法 (最も重要な満席条件、予約クラスより優先される上級会員ステイタス、不人気空港発着便の優位性、悩ましい同行者の人数、非常口席45Aの秘密、チャンスを逃さない空港での手続き&過ごし方)

成田空港JALファーストクラスラウンジの利用を拒否される原因

では、なぜこのような形で、本来はワンワールドエメラルドなら利用できるはずのJALファーストクラスラウンジの利用が拒否されるのか。

その理由は、成田空港第2ターミナル本館のファーストクラスラウンジとサクララウンジを含むJALラウンジでは、2018年11月1日から2019年秋ごろにかけてリニューアル工事が行われていて、2019年春から2019年秋頃の第二期工事では、JALファーストクラスラウンジの心臓部と言える最も広大な本館3階のファーストクラスラウンジエリアの工事が開始されることに伴いラウンジの収容可能者数を大幅に制限する必要があるから。

その結果として、ワンワールドエメラルドの中でも、JAL便名の利用者をJALファーストクラスラウンジの利用対象とする一方で、それ以外の、

  • アメリカン航空
  • キャセイパシフィック航空
  • カンタス航空
  • フィンエアー
  • イベリア航空
  • マレーシア航空
  • S7航空
  • スリランカ航空

といった他社の便名の利用者は仮にワンワールドエメラルドの上級会員ステイタスを保有していても、JALファーストクラスラウンジの利用は拒否されてしまいます。

また、これと似たようなことは、ビジネスクラスラウンジとして運営されているサクララウンジでも行われるため、JAL以外の他社便名で予約している利用者は、利用できないJALファーストクラスラウンジやJALサクララウンジの代わりに、同じ成田空港第2ターミナル内にある、

  • アメリカン航空アドミラルズクラブ(American Airlines Admirals Club)
  • キャセイパシフィック航空ラウンジ(Cathay Pacific Lounge)
  • カンタス航空ラウンジ(Qantas International Business Lounge)

のいずれか基本的に案内され、最終的に利用することになります。

こうした制限は2018年11月1日から2019年春頃までの第一期工事でも実施されていました。

上の画像はワンワールド公式アプリのラウンジ情報に成田空港のJALファーストクラスラウンジの案内として掲載されているものですが、2019年3月1日からの第二期工事による制限では利用対象外となっているスリランカ航空がサテライトのJALファーストクラスラウンジ限定とは言え利用対象となっていることからも、その制限が緩やかだったことが分かります。

一方のサクララウンジは、2018年11月1日から2019年春頃までの第一期工事の時点で2019年3月1日からの第二期工事開始後のファーストクラスラウンジと同様の制限になっているのが対照的ですね。


他社便名でのJALラウンジ利用拒否の影響

こうして他社便名でのJAL運営ラウンジの利用が拒否されるようになると、気になるのはその影響です。

現時点で予想されるのは、JALラウンジの利用を拒否された利用者が訪れることになるJALラウンジ以外の他社ラウンジの混雑はもちろん、肝心のJALラウンジ自体も時間帯によっては混雑することが考えられます。

このJALラウンジ自体も混雑するというのは、これまでJALラウンジが混雑した時に、比較的空いている他社ラウンジが避難先として活用できていたのですが、今回のJALラウンジの利用拒否の影響でその他社ラウンジ自体の利用者増加やそれによる混雑が発生し、受け皿としての魅力が低下してしまう可能性があるから。

そうなると多少の不便は感じたとしてもJALラウンジでそのまま過ごすという利用者も増加する以上、JALラウンジの混雑は悪化する一方という状況にもなりかねません。

そのため、大規模なリニューアル工事が行われている時期だからこそ仕方がないとは言え、2019年秋頃までの時期は成田空港第2ターミナルにあるラウンジの快適性は全体的に疑問符がつくリスクがあると感じています。

成田空港JALサクララウンジの壮絶混雑からの避難先に活用したい3つのワンワールド提携ラウンジ(キャセイパシフィック航空ラウンジ・アメリカン航空アドミラルズクラブ・カンタス航空ラウンジのアクセス&営業時間、サービス)

JALラウンジ利用拒否の対策

このような影響の原因となるJALラウンジの利用拒否ですが、最も有効な対策としては、成田空港を利用せず、羽田空港などのリニューアル工事の影響が元々存在しない空港を利用するのが一番です。

一方で、成田空港からのみ利用可能な目的地に向かう場合には、

  • JAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空の便名での予約を行う
  • それ以外の他社便名での予約を行う場合には、利用可能な他社ラウンジが混雑しない時間を調べた上で利用する

などの工夫が快適で納得のできるラウンジ利用のためには重要となるはずです。

特に、本来は他社便名の便の利用でも、JALファーストクラスラウンジを問題なく利用できるはずのJMBダイヤモンドやJGCプレミア、他社のワンワールドエメラルドの上級会員ステイタスを保有している方は、その利用拒否の影響も大きいと感じるはずですから、より慎重な予約の判断が必要になるかもしれませんね。


JALファーストクラスラウンジのシャワールーム利用不可による影響

ラウンジの利用拒否ほどの影響の大きさではないものの、原因としては同じリニューアル工事が影響しているJALファーストクラスラウンジのシャワールーム利用不可となるサービス品質の提供も少しだけ注意が必要です。

というのも、2019年3月1日からは、成田空港第2ターミナル本館3階のファーストクラスラウンジ内のシャワールームが工事の対象となり、ファーストクラスラウンジ利用者も同じ本館2階にあるサクララウンジのシャワールームを利用することになるから。

もちろん、これまでもファーストクラスラウンジのシャワールーム混雑時には、ファーストクラスラウンジ利用者もサクララウンジのシャワールームに案内され、そのまま利用するということがあったのですが、2019年3月1日からは、これまでサクララウンジ用に用意されていたシャワールームをファーストクラスラウンジ利用者とサクララウンジ利用者とで利用を分け合うことになりますから、混雑は不可避。

そのため、シャワーの利用希望者が集中し混み合うタイミングには、

  • シャワーが利用できるまでに長時間の待ち時間が発生する
  • 長時間の待ち時間発生で結局搭乗開始までにシャワーを利用できない
  • 本館から遠く離れたサテライトのラウンジ内のシャワーの利用をJAL側から提案される(ファーストクラスラウンジ利用者のみ)

といった状況が発生するはずです。

そのため、シャワーの利用を希望する場合は、

  • JALラウンジ到着後できるだけ早くシャワー利用の手続きを行う
  • JAL以外の他社ラウンジのシャワールームを利用する
  • サテライトに成田空港運営会社によって用意された有料のシャワールームを利用する

といった対策を取る必要がありそうですね。

JAL国際線ファーストクラスラウンジとサクララウンジの気になるサービス比較と活用テクニック(鉄板焼きと寿司バー、充実の料理&飲み物ラインナップ、無料のジョンロブ靴磨き、シャワー順番待ち優先扱い、新刊本プレゼント、混雑時の違い、ラウンジクーポンでの最大同伴者数)
羽田空港JALファーストクラスラウンジがサクララウンジに負けてしまうサービス(シャワールームのスペース、トイレの設置状況、アメニティーの違い、無料のスキンケア用品&試供品提供、サクララウンジスカイビューの魅力)

まとめ

JMBダイヤモンドやJGCプレミアはもちろん、それらを含めたワンワールドエメラルドに対する重要な特典の1つと言えるファーストクラスラウンジへのアクセス。

それがJALファーストクラスラウンジを含めたJALラウンジの利用拒否という形で制限されるというのは間違いなくショッキングな出来事になるはずです。

とは言え、そうしたトラブルに遭遇する原因や理由はしっかり判明としていますから、あらかじめ旅行を計画する段階で対応することも不可能ではありません。

また、ラウンジの利用拒否と同じ原因を持つ、シャワールームの利用制限による影響も、ラウンジ利用時の満足度を大きく左右するサービス品質の大きな低下を招く可能性があるという意味では要注意。

そう考えると、これらのサービスの利用を重視する場合、リニューアル工事が完了する2019年秋ごろまでは、成田空港からの出発はできるだけ回避するのが得策と言えるのかもしれませんね。

コメント