2019年版JALサービスセレクション2019 JMBダイヤモンドとJGCプレミアへのお歳暮は親と子にも搭乗なしでのワンワールドエメラルドステイタスプレゼント可能へと改善のパートナーステイタスコースに大注目

スポンサーリンク
広告ペース728×90




JALでは、到達難易度ごとに、

  • JMB ダイヤモンド
  • JGC プレミア
  • JMB サファイア
  • JMB クリスタル

という4つの上級会員資格を提供しているのですが、この中でも、

  • JMB ダイヤモンド
  • JGC プレミア

の2つのみに提供されているサービスの1つが、サービスセレクションと呼ばれるもれなくプレゼントがもらえる特典です。

このサービスセレクションは例年、

  • 11月上旬に複数の選択肢から成り立つプレゼントの内容が発表
  • 12月初旬から翌年1月31日までにJALホームページから好きなものを1つ選択
  • 3月~4月初旬に申し込んだ特典の提供

というスケジュールでの提供が行われている特典で、年末から年始にかけてプレゼントを選ぶことになりますから、なんとなくJALからのお歳暮、あるいはお年賀のような印象を感じながら楽しみにしている方も多いはず。

ちなみに、締切となる1月31日まで申し込みを行わなかった場合、日本地区に住所登録を行っている会員はe JALポイントコース、海外地区に住所登録を行っている会員はJALクーポンコースのそれぞれが自動的に提供されるので少しだけ注意が必要ですね。

一見大きな変更のないように感じる2019年版サービスセレクション2019

2019年版となるJALサービスセレクション2019の内容が発表されたのが2018年11月7日ですが、気になるのはその内容。

2018年版も2019年版も、

  • JALセレクション e JALポイントコース
  • パートナーステイタスコース
  • スマートギフトコース
  • JALセレクション JALクーポンコース
  • 選べるギフトコース

の5つとなっていて、JMBダイヤモンド会員とJGCプレミア会員で選べるコースに違いはありません。

また、具体的なプレゼントの内容は以下の通り。

それぞれのコースについても、一見変更が行われていないように感じてしまいます。

しかし、大きな変更点が加えられたのが、最も変わり種の特典と言えるパートナーステイタスコースでした。

2018年版パートナーステイタスコースの特長と制限

元々パートナーステイタスコースは、2018年版まではパートナーである配偶者に対し、JMBダイヤモンドやJGCプレミアなどの会員本人と全く同じステイタスを提供できる特典として、他の特典にはない魅力を持ち合わせていました。

特に、ファーストクラスラウンジへのアクセスなど、元々1人のJMBダイヤモンドやJGCプレミアの会員に対し、1名までの同伴者としての利用が可能な合計2人での旅行ならまだしも、それ以上の人数での旅行が多いという方にとって、会員本人と配偶者のそれぞれに同伴者を伴うことで、合計4人でのファーストクラスラウンジの利用が可能になるなど、とても使い勝手の良い特典なのは間違いありません。

ただし、その対象者はあくまで配偶者に厳しく制限されていましたから、夫婦揃って旅行する機会が多い方や逆にそれ以外の家族と一緒に3人以上の大人数で旅行する機会が多いという方にとっては、なかなか使いにくさを感じる特典だったのも事実です。

2019年版サービスセレクション2019パートナーステイタスコースの2018年版からの変更点

しかし、2019年版からはこれまでのパートナーを配偶者に限るという条件が大幅に緩和され、

  • 配偶者
  • 同性パートナー
  • JALカード家族プログラムに登録している家族
  • JALファミリークラブに登録している家族

という条件が新たに設定されました。

つまり、これまでは夫や妻といった続柄の間でしか利用できなかったパートナーステイタスコースが

  • JALカード家族プログラムに登録している家族
  • JALファミリークラブに登録している家族

といったそれ以外の続柄の家族にも開放されるようになったということです。

ちなみに、JALカード家族プログラムもJALファミリークラブも、親会員となる本会員から見て1親等の家族でグループを作成するサービスです。

そのため、パートナーステイタスコースを選択する会員本人から見て、

  • 子の配偶者
  • 孫の配偶者
  • 兄弟/姉妹
  • 父母
  • 祖父母

といった続柄のJALカード家族プログラムやJALファミリークラブに参加している家族には、仮に飛行機の搭乗が全く無い場合でも、問題なくJMBダイヤモンド会員やJGCプレミア会員といったワンワールドエメラルドの上級会員資格が無料でプレゼントできるということですね。

特に、親や子供にワンワールドエメラルドをプレゼントできることで、様々な上級会員向けの特典を活用する幅が広がるのは間違いなく、個人的にはとても大きなサービス改善と考えています。

ただし、JALカード家族プログラムの参加には、いずれの会員も生計が同一で同居しているという条件が設けられていますから、この部分で対象外にならないかどうかの申し込む前のチェックだけは要注意ですね。

まとめ

2018年12月3日(月)の午前10時から受付が開始され、2019年1月31日(木)まで5つの選択肢から自由に選ぶことができる2019年版JALサービスセレクション2019。

我が家の場合、2018年版は60,000円分のe JALポイントがもらえるJALセレクション e JALポイントコースを選びましたが、2019年版については、配偶者以外の家族にも対象が広げられたパートナーステイタスコースに大注目しているのはもちろん、実際に選んで、2人分のJMBダイヤモンドの効果をしっかり活用してみたいと考えています。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする