JALサービスセレクション2019の各コース内容の詳細とお得度、選び方(e JALポイントコースの使いやすさと制限、パートナーステイタスコースの大改善、JALクーポンコースの魅力を引き出すJAL旅行券、似ているようで違うスマートギフトと選べるギフト)

スポンサーリンク
広告ペース728×90




JALの提供している上級会員資格の中でも、ワンワールドエメラルドのステイタスが与えられる、

  • JMB ダイヤモンド
  • JGC プレミア

の上級会員には、お歳暮のようにもれなくプレゼントされるサービスとして、サービスセレクションと呼ばれる特典が用意されています。

2019年版JALサービスセレクション2019のコースラインナップ

このサービスセレクションは例年、

  • 11月上旬に複数の選択肢から成り立つプレゼントの内容が発表
  • 12月初旬から翌年1月31日までにJALホームページから好きなものを1つ選択
  • 3月~4月初旬に申し込んだ特典の提供

というスケジュールでサービスが提供されるのですが、2018年11月7日発表された、2019年版の内容は以下の通りです。

合計5つのコースが設定され、その価値としてはコースごとに多少の差はあっても、JMBダイヤモンドで最大60,000円相当、JGCプレミアで最大30,000円相当で、これまでのサービスセレクションからの変化は見られないものになっています。

2019年版で唯一の変化として大幅に改善されたパートナーステイタスコース

ただし、2019年版のサービスセレクションでは、パートナーステイタスコースを選んだ時に、会員本人と同じ上級会員資格をプレゼントできるパートナーとして扱う対象が

2018年版:

  • 配偶者のみ

2019年版:

  • 配偶者
  • 同性パートナー
  • JALカード家族プログラムに登録している家族
  • JALファミリークラブに登録している家族

という形に変更されました。

その結果、

最新の2019年版では、パートナーステイタスコースを選択する会員本人から見て、

  • 子の配偶者
  • 孫の配偶者
  • 兄弟/姉妹
  • 父母
  • 祖父母

といった続柄のJALカード家族プログラムやJALファミリークラブに参加している家族にまで、上級会員資格をプレゼントできるようになりました。

これは、間違いなく家族の中での上級会員資格活用方法を激変させるものですから、2018年版では60,000円分のe JALポイントがもらえるe JALポイントコースを選択していた我が家でも、2019年版では、パートナーステイタスコースを選ぶことを早々と決定してしまったほど。

2019年版JALサービスセレクション2019のコース

こうしてパートナーステイタスコースを選ぶことにした我が家ですが、やはり気になるのは他のコースの価値やそれを選んだ時の活用の幅です。

そこで、2019年版のJALサービスセレクション2019で提供される、

  • JALセレクション e JALポイントコース
  • パートナーステイタスコース
  • スマートギフトコース
  • JALセレクション JALクーポンコース
  • 選べるギフトコース

という合計5つのコースの詳細とその価値、さらには存在する場合には注意点も踏まえて、選択に対する考え方なども簡単にご紹介したいと思います。

JALセレクション e JALポイントコース

JALセレクション e JALポイントコースは、サービスセレクションの申し込み締切期限となる2019年1月31日までに手続きを行わなかった時に、日本地区の会員が強制的に選択されるコースとして指定されているだけあって、高頻度のJAL利用者にとって最もスタンダードなコースであるのと同時にお得度がはっきりとしていて分かりやすいという特長があります。

実際、JMBダイヤモンドでe JALポイント60,000円分相当、JGCプレミアでe JALポイント30,000円分相当というのは、純粋に金額的な価値を優先した時、同じように金額的な価値を提示している

  • スマートギフトコース(JMBダイヤモンドで51,000円相当、JGCプレミアで31,000円相当)
  • JALクーポンコース(JMBダイヤモンドで50,000円相当、JGCプレミアで26,000円相当)

と比べて、JMBダイヤモンドでは大きく上回っていて、JGCプレミアでもほぼ同等か上回っていることが確認できます。

また、一定回数以上の有償での搭乗が必要なJMBダイヤモンドやJGCプレミアとなる会員の場合、航空券購入に活用できるe JALポイントは意外にすぐに使ってしまえるのはもちろん、いくらあっても困るものではありません。

実際、2018年版ではe JALポイントコースを選んだ我が家でも、航空券の予約・発券を行っていくうちに、いつの間にか使い切ってしまっていて、本当にあっという間だったという記憶だけが残っています。

ちなみに、e JALポイントコースを選ぶ際の注意点としては、e JALポイントの利用自体にいくつかの制限が設けられていることが挙げられます。

具体的には、

  • JALホームページでの有償航空券の発券手続きを行う決済時でのみ利用可能
  • 電話で予約デスクに作成してもらった予約・発券時の決済では利用できない
  • 海外発の国際線航空券発券時には利用できない
  • JAL国際線特典航空券の燃油サーチャージや空港税等の支払いには利用できない

といったもの。

もちろん、これらの注意点と呼べるデメリットは、一般的な有償のJALが運航する国内線や国内発の国際線の購入を中心とした利用では全く問題のないものばかり。

しかし、有償航空券の予約・発券には

  • 予約デスクへの電話などJALホームページ以外での予約・発券を利用することが多い
  • 海外発の国際線航空券予約を行うことが多い
  • JAL国際線特典航空券を利用することが多い

といった傾向がある方には、そうした利用でもe JALポイントのような制限を受けにくいことが特長の後述するJALクーポンコースの方がおすすめです。

パートナーステイタスコース

2019年版のサービスセレクション2019で我が家が選ぶことにしたパートナーステイタスコースでは、

  • パートナー(家族)1名に会員本人と同じJMBダイヤモンドやJGCプレミアの上級会員資格を提供
  • 会員本人が同伴していなくてもサクララウンジに入室できるラウンジクーポン5枚の提供
  • 日比谷花壇が提供するフラワーギフトを希望住所1ヶ所に提供

という合計3つの特典が提供されます。

この中でも目玉となる、指定した家族1名に会員本人と同じJMBダイヤモンドやJGCプレミアの上級会員資格を提供という特典は、その恩恵自体がJALやJALの加盟するワンワールドを利用する方にとって絶大なもの。

しかも、パートナーの範囲が、

2018年版:

  • 配偶者のみ

2019年版:

  • 配偶者
  • 同性パートナー
  • JALカード家族プログラムに登録している家族
  • JALファミリークラブに登録している家族

というように、大幅に緩和されたため、使い勝手や活用の幅は信じられないくらい広がった特典になりました。

また、おまけの1つめとしてプレゼントされる、ラウンジクーポンも、国内線と国際線問わず、サクララウンジとその他のJAL提携のラウンジに、会員本人を含めた上級会員の同伴無しで入場できるアクセス手段として活用できるため、意外に利用価値の高い特典です。

特に、金銭を伴う形は認められないものの、無償での譲渡は認められているタイプのクーポンですから、ラウンジにアクセスできるステイタスを保有していない一方で今後JALを利用する予定のある家族や友人、知人へのちょっとした贈り物にも活用できますね。

さらに、おまけの最後となるフラワーギフトは日比谷花壇が提供するアレンジメントなどの花を希望する住所に指定した日時に宅配便で発送するサービスです。

その際に発送されるフラワーギフトは、花の種類やボリュームは季節によって多少の差異はあるものの、3,000円~4,000円前後と思われる価格帯のものが送料無料で届けられますから、ちょっとした花の贈り物としては十分楽しめて、活用もできるはず。

ちなみに、北海道や北東北の住所宛に、12月~3月の冬季期間中の発送を希望する場合、日比谷花壇からの発送ではなく、それぞれの地域の提携生花店からのお届けになるなどの細かな注意点はあります。

そのため、フラワーギフトの詳細を知りたい場合や選択コース決定の前に注意事項などの確認したいことがある場合には、日比谷花壇が運営しているフラワーギフト専用の窓口に下の電話番号からあらかじめ問い合わせてみるのもおすすめです。

JALフラワーギフトデスク(日比谷花壇カスタマーセンター):

0120-747-087 / 03-5444-8781(9時から17時30分まで。年中無休)

スマートギフトコース

スマートギフトコースでは、JMBダイヤモンドでe JALポイント51,000円分相当、JGCプレミアでe JALポイント31,000円分相当のリンベル提供のギフトカタログの中から自由に好きな商品と交換できるポイントがプレゼントされます。

このポイントは、現在提供されているカタログの目次によると449種類もの商品が掲載され、交換商品を選ぶ際にはプレゼントされたポイントの上限まで複数の商品を組み合わせての交換も可能。

さらに端数が残った時でもクレジットカードでの決済で差額を支払って、追加での商品交換にも対応しているという使いやすさにも配慮されたサービスとなっています。

また、合計395ページにも及ぶカタログの全商品を私が1つ1つ確認した限り、最も安価なものとしては2,500円相当の瓶入りはちみつから最も高価なものとしては1,201,000円相当のダイヤモンドネックレスまでラインナップされていますから、せっかくもらったポイントを使い切れないということはなさそうですね。

ただし、プレゼントされるポイント自体の有効期限が発行から6ヶ月に設定され、その有効期限が切れた後は、商品との交換ができなくなってしまうことには要注意。

そのため、JALからポイントがプレゼントされる2019年3月の6ヶ月後にあたる9月までには商品との交換が必要で、今年の分のポイントを来年まで持ち越して、2020年版のJALサービスセレクション2020でプレゼントされるポイントと一緒に利用するという用途には使えません。

ちなみに、交換商品の中には、

  • 全国百貨店共通商品券
  • 三井住友カードVJAギフトカード
  • JCBギフトカード
  • UCギフトカード
  • びゅう商品券
  • QUOカード

などの有効期限の設定されていない各種ギフトカードやクーポンの用意もあるのですが、これらはいずれも、

  • リンベルeカード3,000円分+全国百貨店共通商品券2,000円分:6,000ポイント
  • リンベルeカード4,000円分+全国百貨店共通商品券4,000円分:9,000ポイント

というようにリンベルのオンラインショップサイトでのみ利用可能なリンベルeカードとの組み合わせでのみ提供されているため、実質的な有効期限延長目的でギフトカードやクーポンを選択するというのはあまりおすすめできないと感じました。

もちろん、一般的な販売店では割引が行われた金額で販売されている商品についても、一般的な選べるギフトサービスと同様、カタログ上では定価に近い割高な金額相当のポイントで交換することになるため、純粋な意味でのお得度が際立って高いというわけではありません。

ただし、新たに発生する費用負担がなく、カタログを眺めている中で出会ったお気に入りの商品をさっとスムーズに交換できる利便性に対するコストと考えると、そんなに悪い選択肢というわけではないかもしれないという印象を持っています。

リンベルスマートギフト
リンベルスマートギフト

JALセレクション JALクーポンコース

JALセレクション JALクーポンコースでは、

  • JMBダイヤモンドで2,000円のJALクーポン25枚50,000円分、JGCプレミアで2,000円のJALクーポン13枚26,000円分
  • 会員本人が同伴していなくてもサクララウンジに入室できるラウンジクーポン5枚の提供

という合計2種類の特典がプレゼントされます。

実は、このJALクーポンコースは、サービスセレクションの申し込み締切期限となる2019年1月31日までに手続きを行わなかった時に、海外地区の会員が強制的に選択されるコースとして指定されているのですが、それにはe JALポイントにはないJALクーポンだけが持つ特長が大きく影響しています。

というのも、e JALポイントコースのご紹介の時に簡単に取り上げたe JALポイント自体の持つ制限として、海外発の有償国際線航空券の発券と決済には利用できないというものがあるから。

一方のJALクーポンは、JALホームページ上でのオンラインでの航空券予約には利用できないという欠点はあるものの、

  • 電話で予約デスクに作成してもらった予約・発券時の決済で利用可能
  • 海外発の国際線航空券発券時には利用可能
  • JAL国際線特典航空券の燃油サーチャージや空港税等の支払いには利用可能
  • 対面での航空券や免税品、機内販売商品の購入、ホテル宿泊費の支払いなど、JALや提携会社での利用も可能

といった特長を持ち合わせています。

ただし、海外発のものを含め、有償の国際線航空券の発券時にJALクーポンを利用する場合、2航空券1冊ごとに5,400円の発券手数料(航空券取扱手数料)が必要になってしまうのは要注意です。

とは言え、この発券手数料は支払う金額の一部にでも航空券1冊につき1枚以上のJAL旅行券での支払いが含まれている場合、手数料の全額が免除されます。

そのため、サービスセレクションでJALクーポンを選択し、それを利用して国際線航空券を発券するという方は、JALクーポンとの相性が抜群のJAL旅行券の一定枚数をストックしておくのが本当におすすめです。

様々な企業によって発行された商品券やギフト券と呼ばれるチケットはそれこそ数え切れないほど世の中に出回っています。 その中には、...

選べるギフトコース

最後のコースとなる、選べるギフトコースはJALホームページ上に掲載されるAコースとBコースの2つに分かれた商品ラインアップから、

  • JMBダイヤモンドはAコースから1つ、またはBコースから2つ
  • JGCプレミアはBコースから1つ(Aコースの選択は不可)

というように商品を選択することになります。

ギフトラインナップから好きな商品を選べるとなると、気になるのは同じようなサービスとして用意されたスマートギフトコースとの違いかもしれません。

これについては、

選べるギフトコース:

  • JMBダイヤモンドの場合は最大2つ、JGCプレミアの場合は最大1つというようにもらえる商品の個数に制限あり

スマートギフトコース:

  • プレゼントされたポイント内で複数個の交換が可能
  • 商品だけではなく、宿泊や食事などのサービスとの交換も可能
  • プレゼントされたポイントを越える必要ポイント数の商品でもクレジットカードで差額を支払うことでの追加交換も可能

という違いがあります。

また、選べるギフトコースでは、大丸松坂屋百貨店の法人外商事業部がサービス提供元として担当していますから、リンベルが担当するスマートギフトコースで掲載されている商品とは異なるチョイスを楽しむこともできそうですね。

まとめ

JALホームページ上の専用ページ限定で、2018年12月3日月曜日の午前10時から受付が開始され、2019年1月31日木曜日まで、個性的な5つの選択肢から好きなコースを自由に選択することのできる2019年版JALサービスセレクション2019。

我が家の場合、2018年版に選んだ60,000円分のe JALポイントがもらえるJALセレクション e JALポイントコースではなく、2019年版では配偶者以外の家族にも上級会員資格プレゼントの対象が大きく広げられたパートナーステイタスコースを選ぶつもりですが、それ以外のコースも想像以上に考えられた魅力あふれる選択肢だと感じています。

JALからJMBダイヤモンドやJGCプレミアに到達した利用者限定でプレゼントされ、時期的にはお歳暮のように感じられるサービスセレクション2019ですから、悩んでしまうのも仕方のないことです。

1月31日までは時間的な猶予があるわけですから、それまでの時間、じっくり活用方法や利用用途、あるいはお得度などを見比べつつ、悩みながらも考えて、決めてみるのもなかなか楽しいと思いますよ。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする